端午の節句 内飾り外飾りとは?初節句の兜は誰が買う?内祝いお返しは?

スポンサード リンク

 

赤ちゃんが生まれて最初に迎える節句を初節句といいます。

パパ、ママはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんたちにとっても、とても楽しみなお祝い事ですよね。

けれど、こういったお祝い事って、いろいろ分からないことが多いですよね?

初節句の兜は誰が買うの?内飾り外飾りって何?内祝いのお返しはどうしたらいいの?

端午の節句にまつわる気になることを調べてみました。

 

*初節句とは

初節句とは、赤ちゃんが最初に迎える節句のお祝いのことです。

男の子の場合、5月5日のこどもの日にお祝いする「端午の節句」、女の子の場合は「桃の節句・ひなまつり(3月3日)」が初節句となります。
子供が病気をせず、健やかに成長しますようにという願いを込めてお祝いをします。

初節句を祝う時期ですが、赤ちゃんが生後1~2ヶ月で首がすわっていないような場合は、出産後のお母さんの体調のことも考え、初節句のお祝いを翌年に延ばすのが通例のようです。

 

*兜は誰が買うの?

本来は、お嫁さんの実家から贈るとされていましたが、今日では、地域や風習、各家によってまったく異なり、これが正解という事はなくなってきているようです。

その家の「跡取り」という意味から、嫁ぎ先の実家からとか、鯉のぼりはお嫁さん側で、五月人形はお婿さん側に分けるなど、はっきりとした基準がなくなっています。

地方によっては、その地方のしきたりがまだはっきり残っている場合もあるようですが、今は両家話し合いの上で折半にするという家庭も増えているようです。

本来はご両親からお祝いとしていただくことが多いと思いますが、核家族化が進み、昔のように大家族が住む家とは違って、マンションなどでは飾るスペースやしまう場所も限らてきますよね?

そういったことを考えると、鎧のデザインや大きさも自分達で決めたいという気持ちもあるかと思います。

こういった風習のものは、時代の流れと共に変わってきますし、ご両親の育った家で考え方も違うので、これがゼッタイという事ではなく、大事な事は、お子さんにとって、また家族にとって
笑顔でこの日を迎えられるのが一番ですよね。

お祝い事でもめるのは良くないですので、まずは早めにご実家に相談してみてはいかがでしょうか?

その時に「兜はどこが用意するのか」という話ではストレートすぎるので、「端午の節句にこんな料理を準備をしようと思うんですけど」 などと言いつつ、さりげなくご両親に一緒に過ごして欲しいなどという提案からしてみるとスムーズではないでしょうか。

 

*外飾り?内飾りとは?

端午の節句の飾りには大きく分けて、外飾り(鯉のぼりや武者幟)と内飾り(鎧、兜飾りや子供大将飾りなど)があります。

鯉は古くから「鯉の滝のぼり」といわれるように、威勢がよく、男の子の立身出世のシンボルとされてきました。
困難があっても鯉のように立ち向って成功をおさめるようにという願いをこめて外に、外飾としてこいのぼりを飾ります。

また内飾りは男の子を病気や災いから守り、無事の成長を願うお守りとして家の中に飾ります。
鎧兜(よろいかぶと)を飾る三段飾りと、鎧または、兜だけを飾る一段飾りがあります。

ですので本質的には外飾り、内飾りは意味が違うので両方飾る事が望ましいのですが、地方によっては鯉のぼりをメインに、内飾りは形だけという所もありますし、都市部などでは、内飾りをメインに鯉のぼりは団地サイズ程度の小さなものにするという所もあります。

また最近では屋内に飾る「室内鯉」なども登場しています。

*お祝いをいただいた方へのお返しは?

端午の節句の当日などに、料理やお酒を振舞った場合にはそれがお返しにあたりますので、わざわざお返しをする必要はありません。

内祝いとしてお返しする場合、紅白のお砂糖やかつお節、赤飯が定番となっています。

ですが、現代ではもう少し実用的なものでも良さそうです。

お返しの相場はいただいた金額の1/3~半額分と言われています。

いただいた日から1週間以内に手渡しか、または郵送でお返ししましょう。

出来ればお礼状や、いただいたものと一緒に写った子供の写真なども添えると、贈った方も嬉しいですよね。

 

スポンサード リンク

»

あわせて読みたい関連記事

“端午の節句 内飾り外飾りとは?初節句の兜は誰が買う?内祝いお返しは?” への1件のフィードバック

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ