国民健康保険ってなぜ加入するの?種類は?国民健康保険税って何?

スポンサード リンク

 

日本では「国民全ての人が何らかの医療保険制度に加入しなければならない」という国民皆保険制度があります。

そもそも国民健康保険って何のために加入するの?健康保険に種類があるの?保険税って何?など知っているようで知らない国民健康保険のしくみについて、なるべく分りやすく学べるようにまとめてみました。

 

健康保険って一体何のために加入するの?

 

保険証を提示するだけで医療機関で診療を受けた際に医療費の一部を負担するだけで、誰でも安心して診療を受けることが出来るようにするためです。

健康保険に加入していれば、病院に行った時に払う費用は全体の3割(75歳以上は1割)だけですみます。
残りの7割りは国や県の補助金とみんなで出し合った保険税でまかなっています。

加入や脱退などの手続きは住所登録のある市区町村役場で行います。市区町村ごとに運営しているため、保険料の計算方法も住む場所によって多少異なります。

 

健康保険の種類は?

 

現在健康保険には、
国民健康保険、社会健康保険、後期高齢者医療制度の3つがあります。

その3つの保険の違いはというと、

●国民健康保険●
対象者・・・自営業、農家、無職の人、未成年の学生
負担額・・・3割
保険税・保険料・・・均等割・平均割・所得割(前年の所得から計算)

●社会保険
対象者・・・企業で働いているサラリーマン
負担額・・・3割
保険税・保険料・・・標準報酬月額から保険料を算出し事業主と折半

●後期高齢者医療制度●
対象者・・・75歳以上
負担額・・・1割
保険税・保険料・・・均等割・平均割・所得割(前年の所得から計算)

 

国民健康保険税って?

 

国民健康保険税は、その年に必要と見込まれる医療費などの費用額から、健康保険加入者が病院などで支払う「一部負担金」国や県の補助金と市の繰入金などを除いたものを保険税の総額とし、市の国民健康保険に加入している全員の所得や加入者数などにより割り振ったものを基礎として、世帯ごとの保険税額を決めています。

●国民健康保険税の総額
【その年に必要と見込まれる医療費】-【健康保険加入者が病院などで支払う「一部負担金」】-【国や県の補助金と市の繰入金】

●個人にかかる国民健康保険税
国民健康税の総額を市の国民健康保険に加入している人の所得や加入者数で割り振ったもの

 

国民健康保険は各市町村が保険者となって、国民健康保険事業を運営しています。

その運営費はその市町村の医療費が高くなるとそれに合わせて上がります。すると自動的に
その分加入者の税負担が多くなることになります。

つまり市町村の医療費が高くなると、私たち加入者の税負担が多くなるという事です。

 

まとめ

国民健康保険税は、市町村の医療費が上がると国民健康保険に加入している私たちの負担額も増えていきます。

「自分はめったに病院にかからないのに!」と不公平に思う人もあるかもしれませんが、
国民健康保険に加入することで、いつでも安心して病院にかかることの出来る「権利」が
あるとともに、「保険税」を負担する「義務」も発生しているということをお忘れなく。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ