コレステロールを下げる食事や運動は?LH比を下げることがポイント!

スポンサード リンク

 

コレステロールが気になる方は、「コレステロールが高いと血栓が出来たり、病気の原因になるかもしれないから」と食事を制限したり、コレステロールを下げるよう気をつけてこられたと思います。

確かに今までの常識では、
「コレステロールが高いと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの病気になりやすい」と言われてきました。


ところが、それは間違いであるということが分ってきました。

 

コレステロールの新常識とは?

 

近年に分ってきたコレステロールの新常識がこちらです!

「LH比が高い人が心筋梗塞や脳梗塞をおこしやすい」

 

*LH比についてはこちら↓↓をご覧下さい。
コレステロールって?悪玉コレステロールが低くても安心できない!?

この記事にあるように、「悪玉コレステロールが正常値より高くても健康な人もいれば、悪玉コレステロールが低くても心筋梗塞になる人が多くいる」ことが分ってきたのです。

そこでコレステロールの新基準として、HDL善玉コレステロールと、LDL悪玉コレステロール「両方」のバランスを示すLH比が参考にされるようになりました。

 

LH比とは、

「LDL悪玉コレステロール値÷HDL善玉コレステロール値」のことです。

今までのようにLDL悪玉コレステロールだけを見て、それだけで判断してはいけないのです。

仮にLDL悪玉コレステロールが低くても、同時にHDL善玉コレステロールも低ければ、LH比は高いままなので、病気になる可能性はあります。

繰り返しになりますが、これからは、
「悪玉コレステロール値だけ見て判断する」のではなく「LH比を見て判断する」必要があります。

ですから、タイトルの「コレステロールを下げるには?」というのは、新常識にそって言うと、正しくは「LH比を下げるには?」ということになります。

ここではLH比を下げるための日常で出来る具体的な方法をお伝えしていきます。

 

LH比を下げるには?

 

LH比を下げるには、2つの方法があります。

「コレステロールを下げたい」と思っている人は、これだけ覚えてくださいね!

それは、

HDL善玉コレステロール値を上げる

LDL悪玉コレステロール値を下げる

のどちらかです。

そうすることで、LH比を正常値に近づけることが出来ます。

LH比の計算方法は、

「LDL悪玉コレステロール値÷HDL善玉コレステロール値」です。

 

では実際にLH比がどのくらいだと正常なのかという目安ですが、

2.5以上だと動脈硬化や血栓のリスクが高くなるため、
「ほかの病気がない場合は2.0以下に」、
「高血圧や糖尿病がある場合、あるいは心筋梗塞などの病歴がある場合には1.5以下に」
を目安とする病院が増えています。

さらにLH比が2.0を超えていて、タバコを吸う人は、すでに動脈硬化が始まっている可能性がありますので、精密検査を受けたほうがよいといわれています。

では具体的な方法をお伝えしていきます。

 

LDL悪玉コレステロール値を下げるには?

 

LDL悪玉コレステロール値を下げるには、

食事に気をつけることです。

「な~んだ!それなら卵やマヨネーズなどコレステロールの高いものは控えてるよ!」と思った方、実はそれだけでは改善にはならないのです。主な注意点は以下の3点です。

【その1】 飽和脂肪酸を多く含む食べ物を控えること
これが一番大事といってもいいでしょう。

【その2】 コレステロールを多く含む食事は、実はあまり影響はありません。

【その3】 そして悪玉コレステロールを下げる食事を摂ること

詳しくは、こちら↓↓↓をご覧下さい。
コレステロールを下げる食事は?危ないのは卵より肉やチョコレート?

 

HDL善玉コレステロール値を上げるには?

 

そしてHDL善玉コレステロールを上げるには、ある運動が効果的です。

それは、「ウォーキングインターバル速歩」という方法です。

 

【やり方

●速い歩き方と、遅い歩き方を3分ずつを①セットとして、5セット行うだけ。

それを1週間に4日間、3~5ヶ月間行う。

するとHDL善玉コレステロールがアップすると言われています。
(速歩き3分と遅歩き3ずつ、計6分を5セット=30分×4日)

 

【解説】

有酸素運動は脂肪をエネルギーとして使うため、中性脂肪が分解され、脂肪の代謝が活発になります。すると体内の酸素も活性化されるためHDL善玉コレステロールが増えるのです。

マラソン選手はHDL善玉コレステロールが多いといわれています。

 

【ポイント】

・速歩き=ややきついと感じる程度、遅歩き=おしゃべりできるくらい
・姿勢=腕を強く振って、脚を大きく踏み出す。かかとから歩くようにして、ふくらはぎに刺激を与える。
・速歩きの合計が1週間で60分になれば、分けて行ってもオッケー。

 

まとめ

 

コレステロールは食事や運動など続けることで、改善することも充分に可能です。この記事が参考になっていただけたら幸いです。

最後に、いままでコレステロールを下げる方法について書いてきましたが、実はコレステロールは「下げすぎないほうがいい」とも言われています。「下げないほうがいい」じゃないですよ。「下げすぎないほうがいい」です。

その理由は以下の通りです。

【コレステロールを下げすぎると起こる危険性】

・効果の強い薬を使って簡単に数値をさげてしまうと「脳出血」を起こすこともある。

・コレステロールを下げすぎるとうつ病になる可能性がある。長期的には認知症とも関係してくる。

・コレステロールはビタミンDの原料にもなっているので、下げすぎたり、低コレステロールのままだと骨粗しょう症になりやすくなる。

極端にならずに、LH比を見て判断することが大切ですね。

*以上「主治医が見つかる診療所~コレステロールの新常識~」より

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ