端午の節句 何故兜を飾るの?飾る時期としまう時期は?

スポンサード リンク

5月5日は子供の日ですね。

男の子の場合、兜を飾る家も多いと思いますが、何故兜を飾るのでしょうか?

また兜を飾る時期や、しまう時期はいつ頃にしたらいいのでしょうか?

何故兜を飾るの?


日本では長い武家政治の中で、鎧兜は男子の命を守る大切な役目を持っていました。

そして今日では、男の子を事故や病気から守り、健康で健やかに成長しますようにという家族の願いを込めて、五月人形として鎧や兜を飾る事になったのです。

兜を飾る時期は?


春分の日(3月20日前後)からできれば四月初めまでには飾りたいものです。

遅くとも4月29日(昭和の日)までを目安に済ませておきましょう。

前日に慌てて飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いものとされています。

又、五月人形や鯉のぼりは飾るという事が重要なので、購入する日や、送られてくる日にちは大安の日などにこだわる必要はありません。

飾る日柄は、特に気にする必要はないようですが、お祝いとして贈られてきたものでしたら、早めに飾ってあげると送ってくれたご両親も喜びますよね。

兜をしまう時期は?


五月人形をしまう時期についてはあまり急いで片付けなくても大丈夫です。

じっくりと眺めたい気持ちもありますし、婚期が遅れるようなこともないですよ。

5月5日が過ぎたらすぐに片付けてしまっては、お祝いに送ってくれたご両親も少しさびしい気がしますよね。

初節句の時には特に、5月中旬くらいまで飾っておいても構わないでしょう。

ただし梅雨の時期に入る前にしまいましょう。

しまうときは空気の乾燥した天気の良い日に行ってください。

動画 兜の書き方


立派な兜を書いている動画を見つけたので、載せておきます。

絵なんですけど充分飾っておけそうなくらい立派な兜です。



まとめ


やはり昔から行われている行事には、ちゃんとした意味があるんですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ