4Kテレビとは?画質はどのくらいキレイ?買い時はいつ頃?

スポンサード リンク

 

フルハイビジョンテレビの4倍の画素数を持つ高画質な4Kテレビは、国内メーカー各社から続々と発表されています。「4Kテレビって何?」という方から、「知ってはいるけど、4Kテレビって、実際どのくらいキレイなの?」「買い換えるとしたらいつ頃がいいの?」と気になっている方のために、4Kテレビについてまとめてみました。

 

4Kって何?4Kテレビとは?

 

まず4Kテレビの「4K」って何?ということですが、液晶テレビなどの画面には細かい光の粒(これが画素)が並んでいて、明るくしたり暗くしたりすることで映像を表示します。現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080、合計で207万3600ありますが、4Kテレビは、横(水平画素)3840×縦(垂直画素)2160、合計829万4400となり、フルハイビジョンの約4倍の画素数になります。

 

横(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4Kと呼ばれます。

つまり4Kテレビとは、横(水平画素)3840、約4000(4K)の画素数をもつテレビのことです。表示パネルの画素数がフルハイビジョンの4倍あるということもあり、高画質を追求したテレビとなります。

 

2011年10月に日本で開催されたアジア最大級の家電見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN」で登場したのが4Kテレビです。

商品化としては2011年12月に東芝が出したものが世界初となり、大画面、高画質が売りで、あたかもそこに実体があるかのようなリアルな映像が楽しめるテレビとなっています。

 

4Kテレビ画質はどのくらいキレイ?

 

例えば4K対応モデル、ソニーの4Kブラビアを例にとると、「画像の鮮明さ」と「圧倒的な臨場感を生み出す高画質」と書かれています。さらに画質のことではないですが、「クリアなサウンド」や「高音質」も売りのようで、どこまでリアリティを持たせられるかにこだわっている様子がうかがえます。

 

ソニーのBRAVIA(4Kテレビ)でサッカーの試合を見た元サッカー日本代表、三浦 淳寛さんは、「この映像を見ると、まるで自分がピッチに立っているみたいに感じる」と4Kテレビの映像がまさに「圧倒的な臨場感を生み出す」と語っています。

現在サッカー解説者として、国内海外問わずなるべく多くのライブ中継を見るようにしている三浦さんは、「シュートしたボールがDFに当たったのかどうか、得点シーンで誰がゴールを決めたのかなどが今までの自宅のテレビでは、スロー映像にならないと分らなかったのが、このBRAVIA(4Kテレビ)では引いた映像のままで、今DFに当たったなとか、誰がゴールを決めたかが分るからすごい!

さらに「選手の汗の量や芝の状態までもが鮮明に分るので、選手のコンディションまでベンチにいる監督より分るかもしれないですね」と話していました。

 

またこのBRAVIA(4Kテレビ)は音にもこだわっており、まるでスタジアムにいるかのような臨場感を再現する機能もついていて、ホームシアターならぬ、ホームスタジアム体験ができてしまいそうです。三浦さんは最後にこう語っています。

「選手の汗によってユニフォームの色ってこんなに微妙に変化しているんだとか、あの選手のフリーキックはこんな回転をするんだとか、高画質だからこそ気づくことができる発見がたくさんある。何度同じ試合を見ても、飽きないですよね。そして、この音を聞いたら、サッカーファンなら絶対にほしくなるはず。ぜひ、自分の目で、耳で体感してほしいですね」

SONY 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応4K対応液晶テレビ KD-55X9200A(USB HDD録画対応)

 

4Kテレビの買い時は?

 

フルHDの4倍の画素数を持つ高画質な4Kテレビは、国内メーカー各社から続々と発表されています。現時点では上は85V型から下は40V型まで幅広いラインアップとなってきていますね。

さてその4Kテレビですが、価格もけっして安いとはいえません。果たして「買い」なのでしょうか?

「4K放送が始まってからや4K対応コンテンツが充実してから買った方がいいのでは?」という考えや、「8K放送が2020年に始まる予定だから、8Kテレビが出てから買った方がいいのでは?」という考えもあると思います。

確かに、4K映像が地上波やBS放送などで流れるようになり、テレビに4K対応チューナーが搭載されてから買うのがベストかもしれません。ですが4K放送がスタートする予定は2016年と、まだまだ先ですし、8Kテレビを待たずとも、すでに画質面ではかなりのレベルに仕上がっています自宅で楽しむ分にはこれ以上の画質が必要かなと個人的には思います。

また2020年に始まる予定の8K放送についてですが、2020年に開催される東京オリンピックに合わせたスケジュールになっているようです。「オリンピックにあわせ、8Kテレビを買おう」という考えもあるかと思いますが、先述したように、自宅でスポーツ観戦するのに4K映像の画質以上のものが果たして必要かということです。さらにその頃に販売されるだろう8Kテレビは恐らくかなりの高価格になるとの予測もされています。

価格も発売時よりは下がってきているようなので、「リビングに40V~65V型程度の高画質のテレビを置きたい」という人はWP開催を前に買ってもいいのでは??

 

4テレビ関連動画

スポーツのみならず、背景や人物、生き物などの映像もかなりリアルに見えますね。「臨場感」にこだわりたい人にもかなりの満足感が得られるのではないでしょうか?



 

まとめ

 

ライブ感のすごさというのは、スポーツに限らずその場に行った人にしか体験できないものですが、これからは自宅でそれに近い感覚が味わえるとしたら、これはファンにはたまらない、だけではなく自宅で家族や友人と一緒に楽しむ時間も増えそうですね。

 

ネットショップで買うならココ!「最低価格保証」あり
エディオンネットショップ

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ