サッカーのルール オフサイドを分かりやすく図解で解説

スポンサード リンク

 

サッカーのルールで一番「わかりにくい」といわれるのが、反則ではないでしょうか?

「オフサイド」「イエローカード」の判定は特に分かりにくいかもしれません。
「え??今のがオフサイドなの?」「何でイエローカードなの?」など、よく分からないまま観戦しているという方も多いと思います。

今回はそのサッカーの反則の中でも覚えておきたい「オフサイド」「イエローカード、レッドカード」について解説します。

 

オフサイドとは?

 

サッカーは相手のゴールにボールを入れれば得点が入りますよね?

「だったら、常に相手のゴール前にいたらいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。
確かにキーパーの前でパスを待つことが出来れば、簡単にゴールは決まるでしょう。

そういった待ち伏せ行為が出来ないように作られた反則が「オフサイド」です。
「オフサイド」に違反すると反則をとられ、相手チームのボールとなります。

 

オフサイドとなるのは、どんな時?

 

「オフサイド」と判定されるのは、
まず攻撃側のチームの選手(図の選手B)が、オフサイドポジションにいる場合に限ります。
この場所にいる時以外「オフサイド」になることはありません。

例えば、攻撃側の選手(図の選手A)が、前方(相手のゴール側)に向かってボールを蹴った(触れた)時、オフサイドポジションにいる選手Bはその瞬間に「オフサイド」の反則をとられます。

ただし、この選手Bがオフサイドポジションにいても、必ずオフサイドになるかというとそうではありません。

フサイドポジションにいても、
「オフサイドになる場合」と、「オフサイドにならない場合」があります。


それは次で説明します。

 

 

まず「オフサイドポジションにいる場合」とはどんな場合なのか見てみましょう。

「オフサイドポジションにいる」とは、
次の2つに当てはまる場所にいる攻撃側の選手(図の選手B)のことを指します。

①ボールより前方にいる(前方とは=攻撃側の選手からみて相手チームのゴールが前方)
守備側のチームから見て後方から2番目にいる選手(一番後方はキーパー)より、キーパーに近いポジションにいる。

以下の図でいえば、「相手側のゴール」と「相手側の後方から2番目の選手」との間が、オフサイドポジションということになります。

ポジション

 

「オフサイドになる場合」と、「オフサイドにならない場合」は?

 

それでは、この図の選手B「オフサイドになる場合」「ならない場合」を説明します。

 

【オフサイドになる場合】

攻撃側の選手Aがボールを蹴ろうとしているとき、すでに選手Bは「オフサイドポジション」にいる。そして選手Aから選手Bに向けてボールを蹴った瞬間にオフサイドが成立します。 ofside

【オフサイドにならない場合

攻撃側の選手Aがボールを蹴った時」は選手Bはオフサイドにはいない。(図1)
そして選手Aが「ボールを蹴った後」に、選手Bがはじめて「オフサイドポジション」に走りこみボールに触った場合(図2)は、選手Aがボールを蹴る前にはオフサイドポジションにいなかったため「オフサイド」にはなりません。 no1 【図1】選手Aがボールを蹴った↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ no2 【図2】Bが走りこんでオフサイドポジションに来た

 

オフサイドにならない場合はもう一つあります。
たとえ選手Aが、「ボールを蹴る前」選手Bがオフサイドポジションにいても、選手A他の選手に向かってパスするなど、選手Bが「直接プレーに関係していない」場合も、オフサイドにはなりません。

このルールを利用して、守備側のチームが、相手をオフサイドポジションに置き去りにして反則にさせる「オフサイドトラップ」という戦術を仕掛けることもあります。

 

イエローカード、レッドカードって?

 

サッカーの試合を見ていると、主審が胸ポケットから特定の選手に向かってカードを見せるときがありますよね。

それは、選手が反則を犯したときに、主審が提示するカードで、イエローカードレッドカードがあります。

イエローカードの意味は「警告」です。
1試合で2回提示されると退場になります。レッドカードの場合は、即その場で退場となります。

ワールドカップの場合、1次リーグ、決勝トーナメントでイエローカードを累積2枚もらうと次の試合には出場できません。
ただし2014年ワールドカップでは1次リーグから準々決勝までの警告は準決勝に持ち越されないことになっています。

 

【イエローカードが出される反則とは?】

・反スポーツ行為 ・言葉や行動で異議を唱えること
・競技規則を繰り返し違反する
・プレーの再開を遅らせる
・コーナーキックーやスローイン、フリーキックでプレーが再開される時、規定の距離を守らない ・主審の承認を得ずに、勝手にフィールドに入ったり、復帰する
・主審の承認を得ずに、勝手にフィールドから離れる

 

レッドカードが出される反則

・不正なファウルプレー
・乱暴な行為
・相手やその他の者につばをはく
・意図的にボールを手で扱い、相手チームの得点の妨害をする
・フリーキックやペナルティキックとなる反則で、ゴールに向かう選手の決定的な得点の機会を阻止する
・攻撃的、屈辱的な発言や身振りをする ・同じ試合の中で2つめの警告を受ける

 

オフサイド 関連動画

 

サッカーの場合、守備側のチームが相手をオフサイドポジションに置き去りにして、反則にさせる「オフサイドトラップ」という戦術を仕掛けることもあります。

「オフサイドトラップのやぶり方」という動画(アニメ)がありましたので、ご紹介します。
こういった両チームの心理戦を観ながら、サッカー観戦をすると一段と楽しめそうですね。


まとめ

 

いかがでしたか?スポーツは何でもそうだと思いますが、ルールを知るだけでなく、そこにまつわる駆け引きや、選手の動き方や多彩なコンビネーションまで分かるようになってくると、サッカーももっと楽しめるようになりますね。

 

サッカー観戦を、仲間や家族ともっと盛り上げたいなら、こんなグッズもいいですね。
 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ