ダイエットに運動も食事制限もしないで成功する方法

スポンサード リンク

 

「あなたの体型は、自分の体に対する思考や意識で決まっている」
『こうして思考は現実になる-パム・グラウト著(桜田直美訳)』にはこう書かれています。

言い換えると、こういうことです。
「あなたが痩せたいなら、あなたの意識や思考を変えればいい」

これを聞いて、
「ばかばかしい!そんな簡単に痩せられるなら、世の中に太ってる人などいなくなるじゃないか?」「そんなに簡単に上手くいくはずがない!」と思った方は、「そんなことあるわけない!」とページを閉じてしまう前に、少しだけ実際にあった次のエピソードを読んでみてください。

 

思考を変えてダイエットに成功した人の話

 

『こうして思考は現実になる』には、
自分の思考を変え、自分のエネルギーを変えたことでダイエットに成功した人の話が書かれています。その実例を1つご紹介します。

 

-ヨガ教師のアラン・フィンガーは10代の頃に体重を45キロ落とすことに成功しました。しかも驚いたことに、たった1ヶ月で落としたのです。アランの父親のマニ・フィンガーはインドでヨガを学び、その時に覚えたとても強力な呼吸を肥満児の息子に教えました。その呼吸法はエネルギーを動かす効果のあるもので、それをアランは素直に1ヶ月間実行し、45キロもの減量に成功したのです。-

 

この本の著者パム・グラウトは本の中で、
「いや、あなたの言いたいことはわかる。でも、『そんなこと不可能だ』『たった1ヶ月で45キロも痩せるわけがない』というそのネガティブな思考が、無限の可能性を鼻で笑うような思考が、あなたの足かせになるのだ」と述べています。

さらには、こうも言っています。
自分のエネルギーを変えるには、自分の思考を変えなければならない。
あなたの辞書に「不可能」という文字を入れてはいけない。

いかがでしょうか?
もう少し、ダイエットと思考についてこの本で書かれていることをご紹介します。

 

ダイエットが必要だという事ばかり考えていたら、それがあなたの現実になってしまう

 

この本では、ダイエットについてこう書かれています。

「現実は自分の意識を集中させたものが拡大する。自分は太っていてダイエットが必要だという事ばかり考えていたら、それがあなたの現実になってしまう」

つまり自分の体を見て、「私は太っているから痩せなければならない」「体重を減らしたい」とばかり考えていると、それが現実になるということです。ネガティブな気持ちと、体重を減らさなければならないという好ましくない状態に、あなたが意識を向けている限り、それを拡大させ、それがあなたの現実になるのです。

 

では、どうしたら先ほどの例にあげたように、自分の体重を減らし、理想の体を手に入れることが出来るのでしょうか?

まずは、「これは誰か特別な人にだけ起こることではなく、自分自身にも起こることなんだ」と心の底から思うことです。

実はこのダイエットの話は、『こうして思考は現実になる』の中では本の後半になって出てきました。

自己啓発の本やスピリチュアルの本などを読んだことがある人は、「思考が現実を作る」という言葉は1度くらいは聞いたことがあると思います。ですが、それが「本当に自分にも可能なことなんだ」と心から思えている人は少ないかもしれません。

多くの人が「ダイエットしたい」「痩せたい」と望んでいても叶わないのは、この思考の仕組みを知らないのと、仮に思考は現実になると知っていても「自分にも可能なこと」なんだと心から思えていないからです。

この本では、それを証明するために、段階を追って1つずつ小さな実験をしていきます。
「やっぱり本当だった」という体験を繰り返していくことで、自分の思考が本当に現実を作っている(自分が思考するとおりのことが起こる)という証明をするためです。

では、せっかくですので、この本に書かれていた実験をご紹介しましょう。
ここでは「なぜ思考が現実を作るのか」「思考とエネルギーにどんな関係があるのか」などの詳しい説明は省きますので、興味がある方は本書をご覧下さい。ダイエットのみならず、21日間で欲しいものを手に入れる方法なども書かれています。

では思考でダイエットを成功させる実験をご紹介します。

 

思考で体重を減らす方法:魔法のダイエットの法則

 

それでは『こうして思考は現実になる』に書かれていた実験の1つをご紹介します。
(本では小さな実験をいくつかした後に、この実験をしています。それは小さな実験の成功を体験することで、本当にそれが真実であったと自分で確信していくためです。)

まずこの実験では、自分が食べ物に対して日頃抱いている恨みや、自分の体型に対するネガティブな思考や言葉は全て捨てます。

口に入れる食べ物やあなたの体は、あなたの思考や言葉に敏感に反応しますので、「チョコレートは私を太らせる」「これを食べたらまた太ってしまう」「これはカロリーが高い」「また食べてしまった」などという思考は実験中の間だけでも、すべて捨てるようにしましょう。

この実験では、まず記録用に「ノートか紙」、そして「ペン」を用意します。
所要時間は72時間です。そして次のことを行います。

 

1・自分の体をけなすのをやめる。
2・何かを口にする前に、必ず愛にあふれた思考を送るようにする。
食べ物を手にかざし祝福する。
3・愛、喜び、平安の気持ちで食べ物を摂取する。

これだけです。
実験の開始日に体重を測り、終了日にもまた体重を測ります。

用意したノートには次の項目を書き、メモを取っていきます。

■法則:魔法のダイエットの法則
■セオリー:あなたの体型は自分の体に対する思考や意識で決まっている。
■質問:自分の思考は自分の体型、特に摂取する食べ物に影響を与えるのだろうか?
■仮説:自分の思考と意識が周りの環境に常に影響しているとしたら、私が食べるものもまた私の思考から影響を受けるはずだ。食べ物に対する思考や意識を変えれば、私はもっと健康になり、この実験の終わりには少なくとも300グラムは減っている。
■開始日
■開始時間
■実験開始の朝一番に測った体重
■3日後の朝一番に測った体重
■実験メモ(*体重の変化だけでなく、実験中に五感や心で感じたことや変化を書いても良いと思います)
■実験の取り組み方:
・普段の食生活は一切変えない。この実験の間は何を食べても関係ない
・大切なのはこの3日間、何かを食べるたびに必ず食べ物にポジティブなエネルギーを送ること。どんな食べ物でも、口に入れる前に必ず愛のこもった念を送る。
・自分の体に栄養を与えてくれることに感謝し、その食べ物が自分の体をさらに健康で美しくしてくれることを期待する。

-『こうして思考は現実になる』より抜粋-

 

まとめ

 

この本に書いてあった実験を行い、実際に「望んだものをいくつも手に入れる」ことが出来ました。
例えばこの本にあった最初の「贈り物をもらう」という実験では、「贈り物」の出現の仕方がユニークでに笑ってしまったほどです。

これは「こういう考えもある」といった個人の考えなどではなく、重力の法則のように「誰にでも起こる法則」なんだということを多くの人が体験していっていただけたらと思い、この本をご紹介させてもらいました。

 



楽天ならこちら
【楽天ブックスならいつでも送料無料】こうして、思考は現実になる [ パム・グラウト ]

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ