アリューシャン列島ラット諸島にM8.0の地震!3年前の同日にも!日本へ津波の影響は?

スポンサード リンク

 

2014年6月24日05:53頃(日本時間)アリューシャン列島ラット諸島を震源とするM8.0の地震が発生しました。気象庁によると、太平洋の広域に津波発生の可能性があるとのこと。日本への津波の心配はないそうです。【6月24日07:40現在、レスキューナウまとめ】

 

アリューシャン列島ラット諸島ってどこ?

 

アリューシャン列島は北太平洋に弧状に連なり、アメリカのアラスカ半島からロシアのカムチャッカ半島にかけてにかけて約1,930キロメートルにわたって延びる列島のことです。

今回地震の起きたラット諸島は、アリューシャン列島に位置する諸島の1つです。

o0510033011309639722

アリューシャン列島はフォックス諸島、フォー・マウンテンズ諸島、アンドリアノフ諸島、ラット諸島、ブルダー島(英語版)、ニア諸島、コマンドルスキー諸島からなり、全島が北緯52度から55度、東経172度から西径163度に位置する。大部分がアラスカ州に属しているが、西端のコマンドルスキー諸島はロシアに属し、環太平洋造山帯の一部を構成する。(wikipediaより)

 

アリューシャン列島の大地震は3年で4回!3年前の同日にも

 

アリューシャン列島のM7以上の地震は、3年の間に4回起こっています。
3年前にはなんと今回と同日の6月24日(日本時間)。
いずれも日本への津波の影響はなかったようです。

【アリューシャン列島の過去3年間の大地震】*日本時間

2014年6月24日 5時53分頃(アリューシャン列島ラット諸島)M8.0

2013年8月31日 1時25分頃(アリューシャン列島アンドリアノフ諸島)M7.0

2011年9月2日 19時56分頃(アリューシャン列島)M7.1

2011年6月24日 12時10分頃(アリューシャン列島)M7.3

出典 tenki.jp

 

まとめ


 

調べてみるとアリューシャン列島は過去にも大きな地震が何度もあったんですね。
20世紀後半だけでもM8クラスの地震が複数回発生しているようです。

●1946年アリューシャン地震
●1957年にはアリューシャン地震M9.1、
●1964年のアラスカ地震(M9.2、震源はアリューシャン海溝付近)
●1965年アリューシャン地震(M8.7)

AP通信によると、今回の地震による大きな被害は報告されていないとのことでした。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ