結婚式のゲスト 靴選びのマナーってあるの?NGなのは?

スポンサード リンク

 

結婚式のお呼ばれ。「おしゃれは足元から」というように、靴えらびを間違えては、せっかくのドレスも残念なことになってしまいますよね。また足が痛くならない工夫をするのも大人の女性のマナーです。そのポイントもお伝えしていますので、大人の女性らしい一足を選んでエレガントに決めましょう!

 

結婚式のゲスト靴 ヒールの高さや素材は?

 

フォーマルな結婚式でのゲスト靴は、つま先の隠れる「パンプス」が基本です。

【ヒール】
ヒールは3センチ以上のもので、細いものを選びましょう。ヒールのないパンプスや、太いもの、厚底サンダルはフォーマルなパーティ向きではありません。

【素材】
ゴム製や布製は避け、革製を選びましょう。
エナメル加工のものは華やかさがアップします。

 
定番の黒でもエナメル加工されているから華やかな印象に。
こちらのシリーズのボルドーもおしゃれ。痛くならない靴を選ぶのも大事ですよね。
 

 
バックリボンが華やさを引き立てます。フォーマルドレスにぴったりですね。
 

【ワンポイントアドバイス】

◆ヒールの高すぎる靴は避ける
結婚式は披露宴、2次会、3次会、それに移動と長時間です。
おしゃれだからといって、ヒールの高すぎる靴はやめましょう。足が痛くなり、せっかくのパーティが楽しめなくなったらもったいないですよね?

◆クロークを上手に利用して
雨の日や会場まで遠い場合は、靴を手荷物として持っていき、会場で履き替えるという手もあります。荷物はクロークに預けて置けますので、「靴が濡れそう」とか、「足が痛くなりそう」な日は利用してみるといいですね。

 

結婚式のゲスト靴 NGなのは?

 

NGなのは、サンダル・ミュール・オープントゥです。
足の指や甲の露出が多かったり、カジュアルすぎるのでフォーマルな場にはふさわしくありません。

またブーツはロングであれ、ショートであれ、カジュアルな印象になりますので避けましょう。

近年大人気のガーデンウェディングレストランウェディングといった、カジュアルな結婚式のスタイルでは、ミュールなどのカジュアルな靴もオッケーの場所が増えてきたようです。迷ったら、主催者に前もってパーティのスタイルを聞いておくといいでしょう。

 
爽やかでキュート。どんなドレスにも似合いそうです。
 

ストッキングは履かなきゃいけない?

 

ナマ脚は結婚式ではマナー違反になります。

フォーマルな場では必ずストッキングを履きましょう。
夏の結婚式でもここはガマンですね。

ストッキングの色は、「肌色」に近いものを。
少しラメが入ったデザインで、さりげないおしゃれを楽しむのもいいですね。

冬の結婚式は、寒さ対策としてタイツで防寒をしたいところですが、黒のストッキング、タイツはNGです。喪服を連想させますし、親族の方への印象もよくありません。

 

急なトラブルに!ワンポイントアドバイス

 

◆夏の結婚式 暑さ対策を
夏の結婚式に出席する場合、時間ギリギリに駆け込んで「汗が引かない」なんてちょっとエレガントではないですよね。汗が引いてから受付をするくらいの時間に余裕をもって行くのがおすすめです。日傘を利用すると移動中の熱さが和らぎます。

◆持っておくと便利
ストッキングが伝線したり、履きなれない靴で靴づれを起こしてしまった、などと急なトラブルのために。「伝染しにくいストッキングの替え」と「ばんそうこう」は持って行くことをおすすめします。

(グンゼ)GUNZE 【SABRINA】ほっそり引き締めShape×伝線しにくいストッキング<5足組> SB220-5 389 ナチュラルベージュ M-L
夏用にUV加工のストッキングもあります。最近のストッキングは美脚効果抜群ですから、自分にぴったりのものを選んでくださいね。
 

まとめ

いかがでしたか?ぜひお気に入りの一足を見つけてくださいね。
結婚式によくお呼ばれするようでしたら、ネットでお得に購入するのもありですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ