ラタトゥイユレシピ おもてなしやホームパーティにはコレ!

スポンサード リンク

 

ラタトゥイユとはフランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理のこと。
玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった色とりどりの夏野菜が、見た目にも食欲をそそりますよね。

そのまま食べてもよし、パンとあわせたり、パスタソースにもなる家庭料理。
日本でもここ10数年で普通に家庭の食卓に上がるようになってきましたね。

そのきっかけとなったのが、2007年に公開されたディズニーとピクサーのアニメ『レミーのおいしいレストラン』ではないでしょうか?


『レミーのおいしいレストラン』って?

 

日本では2007年の夏に公開されました。並外れた料理の才能を持ち、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーと、料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす感動ストーリーです。

かつては、料理のおいしそうな質感や弾力などの見た目をCG(コンピューターグラフィック)で表現することは難しいとされていました。それをこの作品では、全編に渡って料理のシーンを取り上げています。

それまでであれば企画の段階で取り入れ上げることもされないでしょうが、ピクサーはこれを見事にやり遂げ、とんでもない傑作に仕上げてしまいました。

至福のスープ、チーズやローストビーフの質感、そしてラタトゥイユ。

味覚や食感を、言葉に頼らず視覚的表現だけで表すシーンもあり、見ているだけで食べたくなってしまうアニメーションなのです。

この映画を見てラタトゥイユを作りたくなった人も多いのではないでしょうか?

ちなみにこの映画原作は『ratatouille』なんですが、ねずみのレミーの「rat」とかけているんだとか。

 

『レミーのおいしいレストラン』のラタトゥイユ

 

こちらはそのレミーが作ったラタトゥイユを再現したレシピです。
実際に作っている方がいらっしゃったので動画をご紹介します。

普通に野菜をぱぱっと切って煮込むだけの簡単レシピではなく、本格的なのでちょっと手間がかかるかなという気がしますが、パーティや、おもてなしには喜ばれるのではないでしょうか?



 

まとめ

 

ラタトゥイユは熱くてもおいしいですが、冷やしてもおいしいので、作り置きしておけるのがいいですよね。入れる野菜は決まってるわけではなく、家の冷蔵庫にあるもので簡単に出来るのも嬉しいです。

レミーのおいしいレストラン [DVD]
 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ