結婚式の手作り招待状 メリット、デメリットは?何が必要? 発送はいつまでにしたらいい?

スポンサード リンク

 

招待状などのペーパーアイテムは、お二人のセンスの見せどころでもありますよね。
すべてを会場にお任せもできるけれど、印刷まですべてお任せするとなると意外に費用がかかります。「費用はなるべく抑えたいけど上手く作れるか心配」という方のために、手作り招待状についてまとめてみました。

 

手作り招待状 メリット、デメリットは?

 

招待状の作成は主に、次の3種類があります。
式場にお願いする
●自分で作成して印刷まで行う
●自分で作成してプリントはお願いする

式場に頼まず自分で手作りした場合には、どんなメリット、デメリットがあるのかあげてみます。

メリット

・種類が豊富
手作りキットは大きな文房具店やネットで購入でき、種類も豊富。
とことん素材や、デザインにこだわりたい人にはおすすめです。

・価格帯が選べる
結婚式はいろいろと費用がかかります。式場に必ず依頼しなければいけないもの以外は、工夫次第で費用を抑えることもできます。費用を抑えても素敵な手作りキットがたくさんあるので、いろいろ比べてみてはいかがでしょう。

・2人で作成するプロセスが結婚式の素敵な思い出に
式場に全部お任せしてしまうのは楽チンですが、手作りにはあれこれ考えながら作る楽しみがあります。準備は、いままでゲストの喜ぶ顔を想像したりする時間でもあります。
その行程が結婚式への気持ちをさらに高めてくれます。

 

◆デメリット

・文面の作成、チェックを自分でしなければならない
当然のことながら、自分で作成する場合、ワードなどで文章を作成し、プリンターで印刷して、間違い、印刷ミスがないかなど全てチェックしなければなりません。(大抵のキットには文章テンプレートもついています)

挙式まであまり時間がない場合や、2人とも仕事が忙しくて余裕がない場合は、お金はかかっても式場にお願いする方がいいかもしれません。

 

手作り招待状 必要なものは?

 

招待状に必要なのは以下の通りです。

 

【招待状に必要な基本セット】

1・招待状 2・返信はがき 3・付箋* 4・会場の地図 5・封筒

*付箋(フセン)の種類

◆挙式フセン
披露宴だけでなく、挙式にも出席してほしい方宛ての招待状に同封します。

祝辞フセン
披露宴で祝辞をお願いしたい方宛ての招待状に同封します。

◆余興フセン
披露宴で余興(カラオケなど)をお願いしたい方(主に友人)宛ての招待状に同封します。

※スピーチや余興の依頼をする際は、事前に依頼して確認を取っておきましょう。確認せず招待状に依頼の付箋を送りつけるのは失礼にあたります 。

 

【必ずいるもの】
  • 招待状の本体
  • 招待状の封筒
  • 封筒をとじるためのシール
  • 切手(慶事用を使う)
  • 返信用のハガキ
 

【必ず入れるもの】
  • 時候のごあいさつ
  • 披露宴の日時
  • 場所のご案内
  • ふたりのご氏名
  • 差出人のご氏名
  • 出欠の返事の締め切り日
  • 会場への地図
【必要に応じて入れるもの】

挙式時間・場所のご案内・二次会のご案内・遠方ゲストのための交通案内や観光マップなど
当日の演出・余興に必要なカードなど・祝辞のお願い・・・付箋

 

招待状の発送時期は?

 

挙式または披露宴の2ヵ月前までには発送しましょう。約70日前が理想的です。
手作りの場合、自分で念入りにチェックをする必要がありますので、余裕をもって取り掛かりましょう。

【招待状のスケジュール】

【step1】 挙式4ヶ月前 手作りキット購入・住所録作成

【step2】挙式3ヶ月前 差出人と文面を決める

【step3】挙式2.5ヶ月前 テスト印刷、印刷

【step4】挙式2.5ヶ月~2ヶ月前 宛名書き・投函

 

シチュエーション別 招待状キット

 

手作りのよさはその種類の豊富さと、価格帯が選べること。
自分達の挙式スタイルにぴったりの招待状が見つけてくださいね。

 

【ミッキーとミニーが祝福のキス】




カードを開けると豪華なお城がポップアップ。さらに隠れミッキーが・・・
ミッキーって子供っぽいんじゃ?と思いながら無料サンプルを見たら、
「あまりに素敵で注文してしまった」という人もいるようです。
招待状・席次表・席札などディズニーのペーパーアイテムが全て揃います。

 

【ワンランク上のデザインなら】



ワンランク上のデザインでこだわりたい人にぴったり。
女性が好きな、ティアラやパール、ローズや羽などがデザインに使われています。
招待状・席次表・席札の無料サンプルがもらえます。
 

【優雅でエレガントに決めるなら】



ブライダルファッションデザイナー桂由美さんのデザインシリーズ。
優雅でエレガントな雰囲気を演出するにはぴったりです。
招待状・席次表・席札・ゲストブック・メッセージブック・結婚証明書・感謝レターセット
まで揃っています。3点までお好きな無料サンプルがもらえます。

 

 まとめ

 

いかがでしたか?
結婚式の準備はお金をかければ「全部お任せ」が楽ですが、費用を少しでも抑えたい人や、時間に余裕がある人、自分達らしいこだわりの式にしたい人などには、手作りがおすすめです。

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ