ハワイでレンタカーを借りる前に!レンタカー保険は意外にかかる?事故や故障の時は?

スポンサード リンク

 

ハワイの広大な自然や海を満喫するならレンタカーがおすすめです。でも、もし事故を起こしてしまったら?楽しい時間が台無しにならないよう、故障や事故のときの対応や、保険の種類について覚えておきましょう。

 

レンタカー代金に含まれる保険と含まれない保険

 

rent_car_edited

現地についてレンタカーを借りようとしたら、「たくさんの保険をすすめられた」という話もあります。大抵のレンタカー会社は日本語対応になっていますが、必ずしも日本人スタッフとは限りません。

慣れない場所で慌てないように、どんな保険があるのか知っておきましょう。

保険には、大きく分けて強制保険任意保険があります。通常、レンタカーの料金には、基本レンタル料と強制保険が含まれていますが、任意保険は文字通り任意に選択するものでレンタル料には含まれていません。

強制保険は補償額が少ないので、補償額を引き上げたり、自分の車を補償してくれる任意保険に入っておくと安心です。主な保険の種類を次にあげていますが、保険の名称や種類、金額などは、国や会社によって異なるので確認されることをおすすめします。

保険の種類、金額などは各社ホームページに記載されています。

「大体これとこれは入っておこう」というのを決めたら、レンタカーを借りる時に、どこまで含まれていて、トータルでいくらくらいになるのか、日本にいるうちに確認できるようであれば、しておくと現地で慌てずにすみます。

 

レンタカー保険の種類

 

以下は主な保険の種類です。
(会社によって名称や種類は異なります)

●強制保険
自動車損害賠償保険(LP、LI、PP)
対人・対物を補償。車をレンタルすると自動的に加入する保険です。

●任意保険
自車両損害補償制度(LDW、CDW)
レンタカーが壊れたりした場合に、支払いを免除する制度

追加自動車損害賠償保険(SLI、ALI、LIS、EP)
LPの補償額を引き上げる保険。事故によって人やものを傷つけてしまった時のための保険。

搭乗者傷害保険および携行品保険(PPP、PAE、CPP)
運転者を含め、搭乗者全員が死亡や負傷した場合、補償の対象となる傷害保険です。
同じく、搭乗者全員の所持品が盗難や破損した場合の保険。

※ 搭乗者障害保険(PAI)、携行品保険(PEP、PEC)が独立している場合もあります。アメリカ、カナダではセットでの加入が必須など、会社によって異なります。

 

事故が発生した場合

 

万が一、交通事故が発生したら、

1・レンタカーを安全な場所に停め、エンジンを切る
慌てずに、まずレンタカーを移動させましょう。(道路の右端や空き地など)

2・けが人の有無の確認
後続の車や対向車に注意しながら状況を確認し、負傷者がいる場合、警察や救急車が到着するまでの間、救助活動を行います。頭部に負傷している場合はむやみに動かしてはいけませんが、二次事故の恐れがある場合、負傷者を安全な場所に移動させます。

3・レンタカー会社に連絡
レンタカー会社によっては、日本語を話すオペレーターが応対してくれます。連絡先の電話番号はレンタカー契約書の封筒などに記されていますが、出発前に調べてメモしておくと良いでしょう。キーを付けたままドアロックしてしまった場合に備え、連絡先のメモは財布の中などに入れておくと安心です。

*レンタカー会社に連絡をしたら、警察(911番)へ連絡します。英語が分からない場合は、レンタカー会社のオペレーターの指示を受けてください。

フリーウェイやハイウェイには「CALL BOX」の標識の下に非常電話があります。公衆電話からの連絡も可能です。

4・相手や目撃者の情報を確認する
事故の相手がいる場合、氏名、免許証番号(Drivers License Number)、車両登録番号、連絡先などを確認します。目撃者がいる場合、目撃者の情報も入手します。事故に動揺していきなり謝ったりすると、後で不利になることがあります。また、その場で示談にはしてはいけません。

5・警察が到着したら、警官の指示に従う
レンタカー会社や保険会社と処理をする際、事故のレポート番号が必要なこともありますので、担当者や入手先を確認します。

 

レンタカーに故障やトラブルが発生した場合

 

大手レンタカー会社では、半年~1年のサイクルで車を新車に入れ替えているので、故障が発生することはほとんどありません。レンタカーのバッテリーが上がったり、タイヤがパンクするなど、借りた車に何か問題が発生した場合には、レンタカー会社に連絡します。

レンタカー会社によっては、日本語を話すオペレーターが応対してくれます。緊急時の連絡先はレンタカー契約書の封筒などに記されていますが、出発前に調べてメモしておくと良いでしょう。

キーを付けたままドアロックしてしまった場合に備え、連絡先のメモは財布の中などに入れておきましょう。

 

まとめ

 

ハワイで車を運転する場合、基本的には国際免許証は必要ありません。
ですが、こういった事故の場合、現地の警察官が日本語がわからず処理に時間がかかる場合もありますので、国際免許証または免許証翻訳フォームを用意していくと安心です。

詳しくはこちら・・・

ハワイ初心者さんのレンタカーガイド!国際免許証っているの?免許証翻訳フォームって何?

ハワイレンタカー活用術!知っておきたいハワイの道路事情と交通マナー

*ちなみに、ハワイで事故を起こした時に、日本の免許証だけでも大丈夫だったという人もいるので、現地の警察官にもよるのかもしれませんね。(その時の警察官の方が、運転者名のスペルの確認はレンタカーの申込書控えを見てでできたようです。)

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ