お彼岸っていつ?何故お彼岸にお墓参りをするの?彼岸花の名前の由来は?

スポンサード リンク

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、お彼岸って一体いつのことをいうのでしょうか?

また何故お彼岸にお墓参りや先祖供養をするようになったのかなど、お彼岸に関する疑問を調べてみました。

彼岸の入りとはいつのこと?


春のお彼岸は、3月の春分の日をはさんで7日間です。

秋は秋分の日を中心とした7日間がお彼岸の期間となります。

その最初の日を「彼岸の入り」、春分の日、秋分の日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」、最後の日を「彼岸の明け」といいます。

春分の日(しゅんぶんのひ)とは、春分が起こる日で、3月20日から3月21日ごろ。年によって異なります。

「昼と夜の長さが同じになる。」といわれますが、実際は昼の方が長く、日本付近では、年により差があり、平均すれば昼が夜よりも約14分長いといわれています。

秋分の日は毎年9月23日ごろで年によって異なります。

春分の日と同じく、「昼と夜の長さが同じになる。」といわれますが、実際は昼の方が若干長いようです。




何故お彼岸にお墓参りや先祖供養をするの?


彼岸には盆の時のように決まった行事や飾り付けはありませんが、一般的には家族でお墓参りに出かけることが多いようです

彼岸とは仏教でいう俗世界に対する佛の世界のことで現世に対してあちら側という意味です。

なぜ、お彼岸にお墓参りや先祖供養をするのかというと、

春分の日、秋分の日は太陽が真西に沈むので、真西には極楽浄土があるという仏教説から、先祖の霊を供養する仏事が行われるならわしとなりました。

この時期にお寺では七日間に渡って彼岸会(ひがんえ)が行われ、家庭でも先祖の霊を供養するために、仏壇にお供えをしたり、お墓参りをします。

仏壇がある家では彼岸前にでも掃除をし、花などを生け、ぼたもちなどをお供えします。



彼岸花の名前の由来は?


彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来します。

別の説には、この花が有毒なことから、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもあります。

曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ)、リコリス、とも呼ばれます。

別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来し、「天上の花」という意味も持っています。

学名のLycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の女神・海の精であるネレイドの一人 Lycorias からとられたそうです。

彼岸花の群生がみごとです


こんなに群生している彼岸花はみたことがありません。

こうしてみるときれいですね。



まとめ


お彼岸になると春、秋ともに過ごしやすくなりますね。

ぼたもちやお花を持って、家族でお墓参りに出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ