浴衣デートお役立ち!着崩れしにくい立ち振る舞い,靴擦れの予防と対処法

スポンサード リンク

 

慣れない浴衣を着ていると、汚れたり、着崩れしないか心配になりますよね?けれど、着物に気を取られすぎていたり、それでイライラしていたら、彼氏もだんだん不機嫌に・・・そうなったらせっかくのデートも台無しです。

今回は着崩れや、靴ずれ、浴衣が汚れてしまった時などの予防と対処法をお伝えします。また、着崩れしにくい&女性らしい立ち振る舞いの動画もありますので、浴衣デートの前にはぜひ見ておいてくださいね!

 

 浴衣や下駄のトラブル

 

浴衣の着崩れ

襟元が崩れたりゆるんだ場合、表に出ているほうは下に引っ張り、帯にいれます。下側の方は、身八つ口」(みやつぐち)から手を入れ、同じように下に引っ張り帯に入れましょう。
*「身八つ口」=脇の下あたりにくる、着物の脇に開いた切れ目のこと。

帯のゆるみは、ハンドタオルをおって、帯の下にいれ調整しましょう。
トイレでは、あらかじめすそをめくって、帯に入れておくと、着崩れしにくくなります。

 

食べこぼし・泥はね

もし食べこぼして浴衣が汚れてしまったときは、シミが残らないように対処します。
まず乾いたハンカチを汚れた部分の下に入れ、その上から濡らしたタオルで叩きます。
あわてて、濡れたハンカチでゴシゴシこすってしまうと、汚れを広げてしまいますので注意しましょう。

泥はねの場合は、泥が乾いてから手で揉んでとりましょう。
※どちらも応急処置なので、手洗いまたはクリーニングに出してください。

 

【下駄の靴ずれ】

慣れない下駄は、しばらく歩くと鼻緒が当たって親指が痛くなることもありますよね。

購入する時は、デザインだけでなく、履き心地も確認しましょう。足にあっていれば親指が痛くなりにくい下駄もあるようなので、店員さんに相談してみるのもいいですね。

使う前には、鼻緒を伸ばしてやわらかくし、親指をあまり奥まで突っ込まないようにしましょう。歩くときは、親指と人差し指で鼻緒をつまむようにして歩くと靴擦れを防ぐことが出来ます。

また、別のサイトでは、履く前に指の間にベビーパウダーを塗っておくと靴ずれしにくいというのもありました。

 

 

着崩れしない立ち振る舞い・着崩れしたときは?浴衣のアフターケアは?【動画】

 

楽しみにしてた浴衣デート。なのに、がさつな立ち振る舞いで彼氏ガッカリ・・・なんてことになったら悲しいですよね。立ち方、座り方、また車や電車のつり革につかまる時、ちょっとしたことで、着崩れを防ぐこともできますし、女性らしさがグッと引き立ちます。

もし着崩れてしまった時も大丈夫!ワンポイントアドバイスもあるので、浴衣の女性必見です。



 

まとめ

 

いかがでしたか?ハンカチの他に、ハンドタオルが一つあると便利です。帯がゆるんでしまった時に間にはさんだり、浴衣が汚れたときにも使えます。

着崩れに気づいたらすぐに直したくなるかもしれませんが、着物に手を突っ込んでグイグイ引っ張る姿は彼氏に見られないようにしましょうね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ