福寿草の花言葉は?名前の由来や、育て方は?

スポンサード リンク


春を告げる花の代表といわれる福寿草。

見るからにおめでたそうな名前ですが、どうしてその名前がついたのでしょうか?

福寿草について、気になることを調べてみました。



花言葉は?


「幸福・祝福」
「幸せを招く」
「永久の幸福」
「回想」

開花前の地面から出てきたばかりの頃のつぼみが、フキノトウと間違えやすいようです。

福寿草というおめでたい名前とは別に毒性が強いので、注意が必要です。


福寿草の名前の由来は?


旧暦の元旦のおめでたい時期に、雪を押し上げて開花すること、また開花の時期も長いことから、福寿草と名づけられました。

「幸福」や「祝福」の福と「長寿」の寿を組み合わせたものです。

元日草(がんじつそう)、朔日草(ついたちそう)、長寿草(ちょうじゅそう)というような、別名もあります。

福寿草の育て方は?


正月にはヤブコウジなどと寄せ植えにした植木鉢が販売されます。

福寿草は本来は2月から3月にならないと開花しない花ですが、「福を招く」おめでたい名前からお正月の鉢植えとしても人気が高く、年末になると園芸店などで開花時期を調整した苗が売られています。

正月を飾るようになったのは、江戸時代からといわれています。

福寿草は根がよく発達しているため、正月用の小さな化粧鉢に福寿草を植えようとすると根を大幅に切りつめる必要があり、開花後に衰弱してしまうことがあります。

翌年も花を咲かせるためにはなるべく大きく深い鉢に植えられた福寿草を購入するとよいでしょう。


梅と福寿草


国営武蔵丘陵森林公園の梅と福寿草がきれいに撮影されている動画があったのでご紹介します。

音楽とのマッチングも良い感じです。




まとめ


昔、山を歩いている時に、この鮮やかな黄色の花を見かけ、疲れた体がほっと緩んだのを思い出しました。

確かに土から出たばかりのつぼみは「ふきのとう」に似ていますね。気をつけましょう。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ