パンケーキとホットケーキの違いは?名前の由来はなに?

スポンサード リンク

パンケーキはここ数年、若い女性たちを中心に大ブームになりましたね。ホットケーキミックスのホットケーキをおやつに食べていた世代からすると、「パンケーキに1,000円って、ホットケーキと何が違うの?」とついつい思ってしまいます。

そこで今回は、ホットケーキとパンケーキの違いについてまとめてみました。

 

パンケーキとホットケーキの違いは?

 

パンケーキとホットケーキ、どちらもフライパンなどの鉄鍋(パン)で焼くものは、総称してパンケーキと呼ばれます。ですので、日本でホットケーキとよばれるものはパンケーキの一種と言えます。ここでは、「2つはこう区別される傾向がある」ということを書いていきます。

 




 

生地の材料の違い

【パンケーキ】

小麦粉,卵,塩,砂糖,ベーキングパウダー,牛乳などを利用。

ホットケーキより甘くなく、スイーツとしてだけでなく、ベーコンや卵などと一緒に朝食としても食べられるのが特徴。

ホットケーキ

小麦粉,卵,砂糖(塩,バター),ベーキングパウダー,牛乳などを使用。

 

*砂糖の量はホットケーキの方が多いようですが、生地の材料にあまり違いはなさそうです。

 




 

●焼き方の違い

【パンケーキ】

パンケーキとは、材料を混ぜたものをパン(フライパンのこと)で焼いたものの総称のこと。一般にいうホットケーキもそれに含まれます。薄めに丸く焼いてベーコンやソーセージを添えたり、フルーツやアイスクリームを添えることもあります。またクレープのように薄く焼き巻いて食べるものもあります。

ホットケーキ

ホットケーキもフライパンを使いますが、日本では生地が厚くて甘めのものをホットケーキと呼びます。その他ホットプレートや、炊飯器を使い、厚めに丸くふわっと両面を焼きます。アメリカではホットケーキでは通じないところがほとんど、注文する時は「pancake」で。

 

*生地の焼き方は少し違いますね。言ってみれば、生地そのものに甘みをプラスして楽しむホットケーキに対し、パンケーキは「生地そのもの」というよりいろいろなトッピングをあわせて楽しむのが特徴の違いかもしれません。

 




 

食べる時間帯の違い

パンケーキ

スイーツとして、おやつの時間に食べることもありますが、生地に甘さの少ないパンケーキはベーコンやたまごなどと一緒に食べることもあり、朝食やブランチなどに食べられます。

ホットケーキ

生地が甘いので、主におやつとして食べられます。生地の上にはバター(マーガリン)、メープルシロップ、はちみつやジャム、ホイップクリーム、チョコレートソースなどをかけていただきます。

 

*ホットケーキは「おやつ」というポジションにあるのに対し、パンケーキは朝食やブランチ(遅めの朝食)がわりになるという違いがありますね。

 




 

●トッピングの違い

パンケーキ

スイーツ系は、さまざまなフルーツやホイップクリーム、アイスクリームなど。そこにメープルシロップやチョコレートソースなどがかかることもある。食事系は、ベーコンやソーセージ、目玉焼きなどが乗り、そこにメープルシロップをかける「甘じょっぱい」ものも。生地が薄いので、何層にも重なっており、その間にフルーツやクリームが挟まっていることもある。

【ホットケーキ】

生地は厚いので、基本的に1~3段。その上に、バター(マーガリン)、メープルシロップやはちみつ、ジャム、ホイップクリーム、チョコレートソースなどをかけて食べる。

 

*やはりパンケーキとホットケーキの大きな違いは、このトッピングの違いといってもいいのではないでしょうか。パンケーキのトッピングは、毎日の3時に出てくる家のおやつにしては豪華ですよね。

 

【おまけ】ホットケーキという名前の由来

 

最初は日本でもパンケーキという名前で紹介されていました。日本でホットケーキらしきものを食べられるようになったのは大正時代に入ってから。大正12年、東京のデパートで「ハットケーキ」という名前でメニューに登場。ホットがなまって、ハットになったのですが、当時の日本ではハット(帽子)がハイカラだとして、大評判になりました。

その後昭和に入り、ホーム食品が「ホットケーキの素」を発売しましたがヒットせず、その後に砂糖を加えたパンケーキの素がヒット。森永の「ホットケーキミックスの素」などが各社が参入しました。

それをきっかけに、一般的な日本の家庭のおやつとして「ホットケーキ」が有名になりました。名前の由来ですが、日本にはすでに「パン」があったため、温かいうちに食べるケーキとして「ホットケーキ」と呼ばれるようになったという話もあります。

 

まとめ

 

ホットケーキという名前が日本に定着したのは、家庭で簡単に作れる「ホットケーキミックスの素」がヒットしたことが関係しているんですね。

お陰で「ホットケーキ」は子供のおやつというイメージが定着しました。それが「パンケーキ」となると、価格も大人女子のスイーツになるから不思議です。価格差はトッピングの豪華さもさることながら、カフェでおしゃれに楽しむというイメージも含まれているんでしょうね。

 

モチモチ&サクサクのハワイのパンケーキをご家庭でも【楽天ランキング1位獲得】 オノフラ (ONO…

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ