台風一過とは?台風一家と思ってた人結構多い!その後、なぜ晴れるの?

スポンサード リンク

台風の時期にはテレビなどでも「台風一過」という言葉を聞くことがあります。言葉を知っていても、意味はよく知らないという人も多いのではないでしょうか?
今回は台風一過について次の3点をまとめてみました。

  1. 台風一過とは?
  2. 台風一家と思ってた人も結構多い!?
  3. 台風一過のあとは、なぜ晴れるの?
 

台風一過とは?台風一家と思ってた人も意外と多い!?

 

台風一過とは、

台風が過ぎた後、風や雨がおさまり、空が晴れ渡りよい天気になることです。
また騒動が収まった後の、安堵のきもちを形容する場合に使われることもあります。

 

「子供のころは『台風一家』と思ってた」という人が意外と多くいますね。冗談で言ってる人もいるようですが、「小さいころはそう思い込んでた」という人も結構いるようです。

もちろん正しくは、「台風一過」なのですが、ヤフー知恵袋で面白い話をみつけ、その勘違いは当たらずとも遠からずといった感じなのかなと感じました。

その話とは、

子供のころに、近所の家族がしょっちゅうケンカをしていて、その声が自分の家まで届いていたそうです。そのケンカが収まると、家のお父さんが「まったく・・・台風イッカだな」とつぶやいていたそうで、子供のころですから、ケンカをしている家族(一家)を台風一家と思っていたようです。

昭和の時代は、今のように核家族ではなく、大家族の家もまだまだたくさんあって、大声でケンカをする家も当たり前にありました。台風一過の意味に、「騒動が収まった後の晴れ晴れとした様子」というのがありますから、台風のように騒動(大声でケンカする)があり、それが収まった後の様子と、家族(一家)のイメージが結びついていた人も多かったのではないでしょうか?

 

 

台風が過ぎた後はなぜ晴れるの?

 

台風が日本を通過すると、そのあと気圧の谷(気圧の低いところ)が移動します。

そしてその後に進んでくる高気圧に覆われるため、台風一過のあとは晴れて気温が上がります

また台風は湿った空気を吸い込むため、台風が通り過ぎた後は、晴れ晴れとした空気になるんですね

台風が通り過ぎた後は、晴れ晴れとした天気になりますが、今は、台風一過の後も油断ができません。

というのも、7月あたりから大型台風に見舞われるため、台風が過ぎたあとは猛烈な暑さになり、台風の次は「熱中症にご注意下さい」というアナウンスがあったり、「次の台風が迫っている」ということもあります。

やはり異常気象の影響なのでしょうかね。
 

台風一過 茜色に染まる富士

 
台風が通り過ぎた後の富士山を撮影された動画がありましたのでご紹介します。鮮やかな茜色の空が台風の後って感じですね。


関連記事:

熱中症の原因や症状は?かかってしまった場合、応急処置は?

子供の熱中症 症状や予防対策は?応急処置は?

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ