マイカーが台風の被害に!保険料は支払われる?対象になる保険は?

スポンサード リンク

台風やゲリラ豪雨などの自然災害によって、マイカーが浸水したり、窓ガラスが割れる、破損するなどの被害にあった場合、保険は支払われるのでしょうか?また支払いの対象になる保険の種類は?

台風などの自然災害時の自動車保険について調べてみました。

 

台風や豪雨による車の被害!保険料は支払われるの?対象になる保険は?

 
大型台風は各地に大きな被害をもたらします。台風による車の被害も少なくありませんよね。マイカーが台風による被害をこうむった場合、車両保険をかけておけば保険は支払われます。また台風によって同乗者がケガをした場合に支払われる保険もあります。

詳しく見てみましょう。
 

車両保険

 
車両保険に入っていれば支払われます。台風やゲリラ豪雨によってマイカーが水没、損傷などの場合、修理にかかった費用ついて車両保険から保険金が支払われます。(ただし免責金額を引く)

車両保険には、補償の範囲によっていくつかタイプがありますので、ご自分の入られている車両保険が対象になるか、前もって確認しておくと良いでしょう。ちなみに、ソニー損保の自動車保険では台風やゲリラ豪雨はいずれの車両保険でも保険金支払いの対象となっています。

また、洪水・高潮による水害、暴風などの自然災害でマイカーが損傷した場合も、車両保険から保険金が支払われます。(*ただし、地震や津波によるものは保険金支払いの対象外)

 

人身傷害保険や搭乗者傷害特約など

 

車両保険のほかに、台風などによる自然災害で支払われる保険があります。それが、人身傷害保険搭乗者傷害特約などの、マイカーに乗車中の方のケガなどを補償する保険です。

例えば、マイカーを運転しているときに暴風で看板が飛んできてフロントガラスにぶつかり、同乗者がケガしてしまった場合や、運転中にマイカーが水没し脱出する際にケガをしてしまった場合などは、保険金の支払いの対象となります。(火山噴火や地震・津波によって生じた損害については、車両保険と同様、保険金の支払いの対象外)

 

まとめ

 
ここであげているのは、台風や豪雨などの自然災害時の保険についての概要です。
詳しいことは、お入りになっている自動車保険会社に確認されることをおすすめします。

マイカーが台風などの被害にあった場合、保険がおりることは分かりましたが、被害にあわないのが一番ですよね。台風だけでなく近年のゲリラ豪雨では、あっという間に車が水没してしまうこともあります。キケンを感じたら、まずは車を置いて逃げることを優先しましょう。


 
【価格.com】自動車保険を見直してみませんか?
 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ