台風による車の被害ってどんな場合?水没したら?支払われる保険料の金額は?

スポンサード リンク

マイカーが台風やゲリラ豪雨の被害にあった場合、「保険料は支払われる」ということは前回の記事で書きました。マイカーが台風の被害に!保険料は支払われる?対象になる保険は?

今回は、車両保険が支払われる場合、「台風や豪雨による被害とは」具体的にどんな場合なのか、ということと、「保険料はいくら支払われるのか」ということについてまとめてみました。
 

台風や豪雨による被害ってどんなの?

 
例えば、次のようなケースは車両保険から保険金が支払われる対象となります。
  •  暴風により、近所の看板や家の屋根瓦が飛んできて、マイカーが損傷した。
  •  暴風により、隣の家の庭から鉢が飛んできて、マイカーが損傷した。
  • 台風による水害でマイカーが水没した。
  • 豪雨による土砂崩れで、マイカーが土砂の下敷きになった。
  •  暴風で駐車場の木が倒れてきて、マイカーの窓が割れた。
などです。他にも車両保険が支払われる自然災害の主なものは「ひょう」「雷」「雪」「竜巻」「洪水」「高潮」などです。*火山噴火や地震・津波によって生じた損害については、保険金の支払いの対象となりません。
 

支払われる保険の金額は?

 

マイカーの損害額から免責金額(自己負担額)を引いた金額が、車両保険金として支払われます。

マイカーの損害額-免責金額(自己負担)=車両保険金

もし、水没や土砂に埋もれたなどで、マイカーの損傷が激しいときは「全損」となり保険金額の全額が支払われます。*「全損」とは、損害額・修理費 が保険金額を超えてしまうことをいいます。

全損の場合は、免責金額は引かれませんが、加入している保険金額以上の保険金が支払われることもありません。

なお、トランクや車に積んでいた個人が所有するものが損傷してしまった場合、特約(保険会社によって名称が違う)をつけていれば保険金が支払われます。こちらも加入されている保険会社に確認をしておきましょう。
 

車両水没実験の動画

 
JAFが行った車の水没時に窓やドアが開くかの検証実験です。

近年の集中豪雨はあっという間に水かさが増して、車が水没する被害も多く出ています。車外と車内の水位差で窓もドアも開かなくなり、シートベルトさえも外せなくなってしまいます。



 

まとめ

 

冠水路で車が進まなくなったら、車内にとどまらず一刻も早く脱出しましょう。水没したらドアも開かなくなります。万が一に備え、車に特殊ハンマーを用意しておくことをおすすめします。

BS 緊急脱出ハンマー BS‐975

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ