運動会の競技「台風の目」ってどんな競技?ルールと必勝法は?

スポンサード リンク

照りつけるような暑さがやっと和らいでくるころ、町内会や学校ではあちこちで運動会が行われます。今回は運動会の競技の1つである、「台風の目」の必勝法をお伝えします。運動会の中でもチームワークが求められる重要な競技ですので、しっかり練習しておきたいですね。

運動会の「台風の目」ってどんな競技?

 

台風の目は運動会や体育祭で行われる競技のひとつで、学校によっては、「鳴門の渦潮」「タイフーン」「旋風」「ハリケーン」などと呼ぶところもあります。

競技は4~5人を一組とし競っていきます。
チームの全員が一本の長い棒を持ち、定められたコースを走る競技で、最初にゴールしたチームが勝ちとなります。また、1チームがひとつのコースを往復し、次のチームに棒を渡す「リレー方式」になっている場合もあります。

 

リレー方式の場合は、1つのチームが戻ってきたら、棒を待っているメンバー全員の足もとにくぐらせ、頭上を通してから先頭のチームに手渡すといった方法のところもあります。*ルールは学校によって異なります。

 

コースの途中には2~3個コーンが設置されており、そのコーンを中心に一回転しながらすすまなければならないため、ここをいかに速く回れるかがポイントとなります。また、リレー方式の場合は、どれだけバトンを早く渡せるかも重要です。

 

それでは必勝法をみてみましょう!

 

台風の目の必勝法その① ランナーの配置に注意!

09140089_1

<コーン>


タイムを早くするには、<メンバーの配置>が重要になってきます。

台風の目で時間を取られるポイント1つ目は、コーンを回転するときです。
そのとき中心寄りのランナーは、棒を離さないようにしっかり持ち、足踏みするように走ります。棒を中心へ向かわせる様に引っ張ることで向心力が発生し速く回転することができるからです。

 

また、外側のランナーは中心にいるランナーよりも多く走る必要があるため、外側に一番足の速い人を置くことがポイントです!

可能であれば、事前に全員のタイムを計っておき、早い人を外側から順に配置しましょう。ただしチームの組み方で大切なことは、1つのチーム内で脚の速さが大体同じになるようにします。何故かというと、1つのチームで脚の速さが極端に違うと、足並みが揃わず却って遅くなってしまうこともあるからです。

 

台風の目の必勝法その② コーンを回るときは小さく!

 

コーンを回るときには、なるべく小さい円で回るようにします。
大きい円より、小さい円の方が、外側の人の走る距離が少なくなる分、早く回ることができます。回るときは、なるべく全員の体を中心よりに近づけるようにし、回りおわったら走りやすいように距離をとります

 

台風の目の必勝法その③ 棒の引渡しをすばやく!

 

台風の目のリレー方式は、コースを走ってきたチームが、持っている棒を、残っているメンバーの足もとにくぐらせ、さらに頭上を通って、先頭メンバーに棒を引き渡します。(学校によって異なります)

この棒を引き渡すまでの時間にモタモタしてしまうと、結構時間を取られます。
ここがスムーズに出来るかが勝負の分かれ道と言ってもいいでしょう。

 

残っているメンバーはなるべく前の人との距離を開けずに、前に詰めておきましょう
ジャンプして棒が足元を通り過ぎていったら、今度はすぐにしゃがみ、頭をなるべく低くさげ、棒が低い位置で通れるようにしましょう。

 

台風の目【動画】

 

さすが高校生上手ですね。コーンを回るとき、内側の人が棒をなるべく内側に強くひっぱるのもポイントです。



 

まとめ

 

「台風の目」はまさにチームワークの競技ですね。
一人だけ速くても、チームの息が合わないと転んでしまったり、却って遅くなってしまったりします。動画を見て、速いチームのやり方をイメージしておくのもいいですよね。
息をぴったり合わせてがんばってくださいね。

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ