お彼岸の「中日」っていつ?過ごし方やお墓参りに行く時の持ち物と服装は?

スポンサード リンク

お彼岸になると中日という言葉を聞きますが、いつのことを指すのでしょうか?

この時期お墓参りに行く人も多いと思いますが、どんな風に過ごしたらいいのでしょう?

お彼岸の過ごし方や、お墓参りに行く時の持ち物や服装についてなど、まとめてみました。

お彼岸の「中日」っていつ?

お彼岸には、春彼岸と秋彼岸があり、3月の春分の日を挟んで前後3日間の計7日間。

9月の秋分の日を挟んで前後3日間の計7日間です。

お彼岸の初日を『彼岸の入り』最終日を『彼岸のあけ』といい、真ん中になる春分の日・秋分の日のこと『お中日』といいます。

ちなみに春分の日や秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがちょうど同じになります。

暦の上での1つの節目で、その期間に先祖供養をする風習からは、古来から節を大切にしてきた『心のあり方』が感じられますね。

お彼岸の過ごし方は?

お彼岸の時期には、多くの家庭では仏壇の掃除をしたり、おはぎや団子等のお供え物をします。

家族でお墓参りに行く方も多いですね。

特にお子さんがいらっしゃる家庭では、子供をお墓参りに連れて行くことには意味があり、お墓参りを通じてご先祖様を敬う心を育て、人を大切にする尊さを学ぶといういわれもあるそうです。

1つの仏事として古くから日本人に根付いているお彼岸ですが、実は日本特有の文化で中国やインドにはありません。

その歴史も興味深いですね。

お彼岸にお墓参りに行く時の持ち物と服装は?

お墓参りに行く時には、お線香、ライター、ロウソク、お花等のお供え物を用意して行きましょう。

お墓参りは法事の後に行くケースも多いでしょうから、礼服のイメージもありますが、服装に決まりはありません。

お彼岸のお墓参りは特に近しいご先祖様の供養に行きます。お彼岸の時にお墓参りとお墓掃除を一緒にする方も多いので、動きやすく、汚れても良い格好で行く方も多いようですね。

まとめ

お彼岸というとお墓参りのイメージです。

小さい頃からお彼岸になると、家族でお墓参りをしていたのが習慣となっているんだなと思います。

大切に受け継ぎたい風習の1つですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ