クリスマスローズの種類や花言葉、植え替え時期は?

スポンサード リンク

クリスマスシーズンになると、私たちの目を楽しませてくれるクリスマスローズ。

毎年花を咲かせるそうですが、成長したらいつ植え替えたらいいのでしょうか?

またロマンチックな名前のこの花、どんな花言葉があるのでしょうか?

クリスマスローズについて調べてみました。

クリスマスローズの種類は?

キンポウゲ科ヘレボルス属の花であるクリスマスローズですが、本来は20種ほどあるヘレボルスの『ニゲル』という種類だけにつけられた名前でした。

日本ではヘレボルス全体をクリスマスローズと呼ぶ事が一般的になっています。

ヨーロッパが原産で、明治時代に薬用として日本に舶来したそう。

『冬の貴婦人』とも呼ばれており、古くは茶人達の間で冬に活けるのが流行しており、観賞用としても、私達を楽しませてくれています。

クリスマスローズ植え替え時期は?

秋は半休眠期、冬から梅雨までは生育期となります。

水やりや肥料の管理等は、この休眠期と生育期によって違いがあります。

1年中同じペースで水やりをするのはよくない植物です。

成長が早く根が大きく育つ為、1年に1回は大きな鉢に植え替えてあげましょう。

植え替えの適齢期は、成長期である冬の間になります。

大きくなり過ぎた場合は、株分けして鉢を増やす形で対応してあげると、より美しい花が咲きますよ。

クリスマスローズの花言葉は?

クリスマスローズの花言葉には、

「不安を取り除いて下さい」「追憶」「中傷」「慰め」

といった言葉がつけられていますが、可憐な花を咲かせるクリスマスローズのイメージには似合わないフレーズが並びます。

ヨーロッパ原産の花ですので、もしかすると、古代ヨーロッパの戦士の妻達に送られたのかもしれませんね。

戦地へ旅立った夫の帰りを待つ妻。

夫のいない家に一人で過ごす冬の寒さを、庭先に咲くクリスマスローズの花が癒してくれたのかもしれません。

花言葉は、誰が何の為につけているのか全く分かりませんが、そのフレーズから、様々なストーリーに想いを馳せてみるのも花の楽しみ方の1つなのかもしれませんね。

クリスマスローズの苗の選び方

きれいな花を咲かせるためには、苗の選び方も大切ですね。

上手な苗の選び方を解説してくださっています。


まとめ

花について調べるとつくづく思いますが、花は薬や香りの効果などだけでなく、精神的な癒し効果としても私たちの生活になくてはならないものになっているんですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ