ハナニラ(花韮)の花言葉や食べ方は?毒性はあるの?

スポンサード リンク

家庭料理でもなじみの深いニラ。

白い花が咲くハナニラ(花韮)というのもあるそうですね。

ハナニラ(花韮)って食べられるのでしょうか?

ハナニラについて調べてみました。

ハナニラの花言葉は?

葉をちぎるとニラのような匂いがする事と、花が美しいことから「(ハナニラ)花韮」の名前が付けられました。

野菜のニラ(学名Allium tuberosum)とは同じ科の植物ですが、属が違うのであまり近縁とは言えません。ハナニラの花言葉は、

・悲しい別れ
・耐える愛
・卑劣
・恨み

などです。どんな由来があるのか気になりますね。

花ニラの食べ方は?

食用のハナニラ(花韮)と園芸品種のハナニラは違います。

食用の物はネギ属、観賞用の物はハナニラ属で別種です。

もともとは中国料理で使われてきた食材です。

現在、「テンダーポール」や「マルイチポール」など花ニラ専用の品種も開発され、より美味しい花にらが出荷されています。

一方、外見もよく似たネギ科ハナニラ属の標準和名で「花ニラ」(別名アイフェイオン)とされているものがあります。

この花ニラは食べられません。

花ニラは一般的に中国料理の炒め物に用いられる事が多いです。

花ニラ専用の品種が栽培されています。

日本で主に栽培されているのは、台湾から伝わったテンダーポールという栽培品種です。

ハナニラの開花時期は?

原産地は南アメリカ。

開花時期は、 2上旬から5月上旬頃で、藤青色からピンク、白の星形の花を咲かせます。

非常に丈夫で手間いらずな植物です。

葉や球根を傷つけると、その名のとおりネギやニラのようなにおいがします。

ハナニラの咲く様子

ハナニラが咲く様子を600倍の速度で撮影された方がいらっしゃったので載せておきます。


まとめ

食用でも観賞用でも名前は同じハナニラなんですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ