東京スカイツリー水族館の料金や営業時間は?どんな特徴があるの?

スポンサード リンク

東京スカイツリーに行ったら、ぜひ行ってみたいのが、すみだ水族館。

たくさんの体験プログラムもあるので、時間をチェックして効率よく回りたいですね。

東京スカイツリーすみだ水族館について調べました。

東京スカイツリー 水族館の営業時間は?

東京スカイツリータウンソラマチ5F・6Fにあるすみだ水族館は年中無休で、営業時間は9時~21時です。

最終入場受付は閉店の1時間前までですが、営業時間は季節により変動があるので、ぎりぎりに入場される場合は事前に確認したほうがいいですね。

連休などの混みあう時期には、入場整理券が発行されるようです。

とくに休日午後は1時間以上待つ事もあるようですので、混雑状況によってはプラネタリウムなどの他のところよりも早めにまわったほうがいいかもしれません。

東京スカイツリー 水族館の入場料金は?

個人料金と団体料金、年間パスポートがあります。

一般料金は大人2,000円、高校生1,500円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円です。

年間パスポートは2回分の料金で、1年間に何回でも入場できます。

大人4,000円 高校生3,000円 中・小学生2,000円 幼児(3歳以上)1,200円です。

※障がい者手帳をご提示の方とご同伴者(1名様)は、入場料金が一般料金の半額になります。

※中学生、高校生の人は、チケット売り場で生徒手帳の提示が必要です。

団体割引もありますのでHPでご確認下さい。

またお得な情報として、すみだ水族館で「東京スカイツリー®周辺散策フリーきっぷ」「TX&東京スカイツリー®周辺散策フリーきっぷ」「京急&東京スカイツリー®周辺散策フリーきっぷ」をご提示いただくと、当日券が5%割引で購入できます。

東武線各駅(一部駅除く)つくばエクスプレス線各駅(北千住~浅草を除く)、 京浜線各駅(泉岳寺を除く)で購入できます。

東京スカイツリー 水族館の特徴は?

すみだ水族館の特徴の1つ目は、水槽内の水の完全人工海水化(注:淡水は除く)です。
これは、関東では初の施設です。

さらに年間を通して一定の水質を維持できるため、水槽内の生物にとっても快適な環境になっています。

2つ目の特徴は東京スカイツリータウンウエストヤードの5階と6階の上下フロアのつながりは、3つのルートがあり、それぞれの楽しみ方が出来ます。

従来の水族館のように決められた順路は無く、気に入ったところは何度も行き来することができますし、心行くまで水族館内を回遊し、さまざまな角度や視点で水槽を鑑賞することができます。

3つ目の特徴としては、動物やスタッフとの距離感が近いこと。

国内最大級の屋内開放水槽では、ペンギンやオットセイを間近でみることができます。

バックヤードを見るスペースもあり、飼育の現場を見ることも出来るので、水族館で働く人たちとコミュニケーションをとれるのも楽しそうですね。

すみだ水族館のペンギン赤ちゃん

ペンギンのあかちゃん。貴重な映像です。


まとめ

館内には青い海にペンギンが浮かぶドリンク「ペンギンフロート」などが楽しめるぺんぎんカフェがあります。ゆっくり楽しめますね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ