彼岸桜(ヒガンザクラ)とは?花言葉や特徴、開花時期は?

スポンサード リンク

暖かくなると、公園でお花見をする人たちの姿をよくみかけるようになります。

風に舞う桜を見ているだけでもウキウキしますが、桜の種類を知っていたら、また違った楽しみ方が出来そうですよね。

今回は、他の桜よりも開花の早い、彼岸桜について調べてみました。

彼岸桜とは?

バラ科の落葉高木。山に自生し,庭木として楽しむ家もあります。

春のお彼岸の頃に他のサクラより早く開花することから彼岸桜と呼ばれています。

コヒガン(小彼岸)とも呼ばれます。

花は五枚一重で薄い紅色の花を咲かせます。

色はソメイヨシノよりも濃く、早い時期に咲くため、葉よりも先に花をつけるのが特徴です。

旧暦の正月頃に開花するヒカンザクラ(緋寒桜)と混合されることもあるため、ヒカンザクラは近年ではカンヒザクラと呼ばれることが多いようです。

ヒカンザクラは別名タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言います。

彼岸桜の花言葉は?

彼岸桜の花言葉は、心の平安、精神美です。

どんなシーンでつけられたのかは不明ですが、可憐に咲く薄紅色の花にはぴったりの花言葉ですね。

彼岸桜 開花時期は?

その名の通り、他の桜よりも早く春の彼岸の頃に開花します。

彼岸桜を見に行くツアーとして代表的なのは、長野県にある高遠城址公園(国指定史跡)の日帰りのバスツアーがあります。桜だけでなく、一緒にイチゴ狩りを楽しめるツアーもあります。

日本さくら名所100選に選定されている高遠城址公園には4月上旬~5月上旬に「高遠城址公園さくら祭り」が催され、全国から花見客が訪れます。

満開の彼岸桜

高遠城址公園に咲く満開の桜が撮影された動画です。

南アルプスの山々を背景に満開の花を咲かせる彼岸桜は、ぜひとも見ておきたいですね。

まとめ

桜の咲く時期になると、何だかそわそわして出かけたくなります。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ