過眠症とは?チェック方法や治療法は?何科にかかればいいの?

スポンサード リンク

「夜なかなか眠りにつけない」「眠れない」などの不眠症もつらいですが、過眠症というのもあるんですね。

過眠症ってずっと起きられずに寝てしまうことかな?とも思いましたが、どうやら違ったようです。

過眠症とは?

過眠症とは、夜間十分な睡眠をとっているにも関わらず日中強い眠気におそわれたり、本人の意志と関係なく眠りに落ちてしまうような症状のことで、1ヶ月以上続くようであれば、過眠症と診断されます。

『十分な睡眠をとっているにも関わらず』というのがポイントで、夜間の睡眠不足とは明らかに違います。

本人の意志と関係なく眠ってしまうわけですから、車の運転は絶対にNGですし、仕事にも支障をきたします。

日常生活に支障が出るようであれば、早めに病院にかかりましょう。

過眠症のチェック方法は?

過眠症のチェック方法としては『エップワース眠気尺度』などの簡単なアンケートに答えるようなチェックシートが出回っていますが、「日常生活に支障が出ている」と感じた時点で、一度病院でみてもらうことをおすすめします。

ネット上にあるアンケートで「自分もあてはまるかも」と思ったところで何の解決にもなりませんしね。

過眠症はその認知度の低さからなかなか理解者も少ないので、素人の判断で勝手に決めないようにしましょう。

過眠症の治療法は?

過眠症にはいくつかのタイプがありますが、根本的な原因は、実はどのタイプもよくわかっていないのです。

ストレスや生活習慣等が原因と言われていますが、必ず専門医に相談し、自分で勝手に「大丈夫」と決めつけないようにしましょう。

睡眠障害は立派な病気です。

車を運転している時や、自転車に乗っている時に自分の意志と関係なく眠ってしまったら、他人様を巻き込む事故にもなりかねません。

家族のサポートも必要ですので、十分なケアが必要でしょう。

過眠症 何科にかかればいいの?

一般的には心療内科や精神科になります。ですが不眠症は詳しくても、過眠症については詳しくないところもあります。

睡眠クリニックというところもあるようですが、近くに無い場合は、大きな病院などにまず電話で相談をしてみましょう。

まとめ

過眠症は自分ではなかなか判断がつかないかもしれませんが、睡眠障害の1つです。

「当てはまるかも」と思ったら、お医者様の診断を受けましょう。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ