ICOCA(イコカ)とは?ICOCA定期券とは?種類は?

スポンサード リンク

電車に乗るときって、なぜかぎりぎりになってしまうときってありますよね。

切符売り場で小銭を出して、行き先の料金を確認して・・・ってしてたら電車が出てしまった、という経験は1度や2度あるのではないでしょうか。

そんなとき、自動改札にタッチしただけで通れるカードは便利ですよね。

今回はICOCA(イコカ)について調べてみました。

通勤、通学で電車やバスを利用する人だけでなく、公共の交通機関を利用する人にはとても便利なカードです。

ICOCAとは?

JR西日本が発行した、きっぷの機能をICカードにプラスしたカードです。

事前にチャージ(入金)しておくことにより、改札機にタッチするだけで乗車区間の運賃を自動的に精算することができます。

1枚2,000円(デポジット500円含む)で購入でき、デポジット(預かり金)はカード返却時に返金されます。

ICOCAの主な特徴としては、

・自動改札機でタッチするだけで通過できます。
・全国の*ICマークのある鉄道・バス・お店などで利用できます。
・ICOCAマークのあるお店で使えます。
・カードに20,000円までチャージしておくことが出来、繰り返し使えます。
・タッチパネル型の自動券売機で利用履歴やカード残高が確認できます。
・紛失した場合再発行が出来ます。(再発行手数料500円とデポジット500円がかかります)

などです。

ICOCAエリア内のJR西日本の各駅のみどりの窓口や、近鉄・京阪の各駅の窓口、ICOCAのマークがある各社の各駅にある一部の自動券売機で購入できます。

image_m62_m
*ICマーク

ICCOCA(イコカ)の種類は?

・ICOCA(イコカ)

プリペイド方式の普通乗車券機能(ストアードフェア機能)と電子マネー機能がある無記名式のカードです。

1枚2,000円(デポジット500円含む)で購入でき、デポジット(預かり金)はカードの返却時に返金されます。

2,000円のうちの1,500円分は電車や買い物の利用に使うことが出来ます。(*購入は現金のみ)

・こどもICOCA

小児運賃が適用されるこどもに対して発売されるカードです。

12歳となる年度の3月31日まで利用することができます。

記名式で、氏名・生年月日・性別の登録が必要です。

購入は「こどもICOCA購入申込書」に必要事項を記入し、本人(小児運賃が適用される)の名前、生年月日、性別のわかる公的証明書(健康保険証・パスポート等)の提示が必要です。

発売額は大人用ICOCAと同じで、両親など、本人以外でも購入は可能です。

カードのデザインはJR西日本で購入した場合、こどもICOCA専用デザインのカード(クリーム色の地色に「カモノハシのイコちゃん」が入ったもの)が発行されますが、それ以外の地域での購入の場合、通常カード(大人用のブルーのカード)となります。

・SMART ICOCA

クレジットカードで、チャージ(入金)ができる「クイックチャージサービス」、J-WESTカードの「J-WESTポイント」からのチャージ機能などが追加されたカードです。

利用に応じてJ-WESTポイントが貯まります(ポイントは有効期限あり)。

記名人ご本人に限り利用できます。利用するには、クレジットカードの登録が必要です。

1枚2,000円(デポジット500円含む)で購入でき、カード返却時にデポジットの500円は返金されます。1人1枚まで。

ICOCA定期券とは?

ICOCAに通勤・通学定期券の機能が加わったカードです。

ICOCA定期券・こどもICOCA定期券・SMART ICOCA定期券があります。

カードの表面は定期券の表記になっています。

記名人本人だけが使えます。

事前にチャージ(入金)しておくことで、定期券区間外でも改札機にタッチするだけで乗車区間の運賃を自動的に精算することができます。

定期券の区間から乗り越した場合や、定期券区間外の駅から乗車し、定期券区間内の駅で下車される場合にも自動改札機で自動的に精算できます。

もし先に通常版のICOCAやSMART ICOCA、KIPS ICOCAカードを購入していた場合でも、後から定期券機能をつけることも出来ます。

新規購入では定期運賃相当額にデポジットの500円を加えた額、通常版ICOCAからの変更では定期運賃相当額等のみが発売額となります。

まとめ

昔、定期を6ヶ月で購入してすぐに紛失してしまうという大失敗をしたことがあります。

その時はこのようなICカードではなかったので、泣く泣くもう一度購入しました。

ICカードは紛失しても、再発行が出来るのでいいですね。

 

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ