JR西日本 電車内の忘れ物の問合せ先は?聞かれる事や受け取り方法は?

スポンサード リンク

電車に乗っていて、うっかり荷物を電車の中に置き忘れた!ってことありませんか?

しかも下りて後ろで扉が閉まった瞬間に気づいたりして、そんな時は「あ~~!」ってなりますよね。

下りてすぐであれば、駅員さんに連絡をしておきましょう。

電車で忘れ物をしたときの連絡先から受け取り方法までをまとめました。

JR西日本の電車内での忘れ物の問い合わせ先は?

電車の中に忘れ物をした場合、問い合わせは駅または下記連絡先(JR西日本の場合)になります。

その日にのうちに持ち主の手元に戻らなかったり、持ち主に連絡が取れなかった忘れ物は、いったん駅へ集められ、一定期間保管した後、所轄の警察署へ引き渡されます。

日にちが経っている場合は、問い合わせ先が警察署になる必要もあります。

まずは最寄の駅か、下記連絡先に問い合わせてみましょう。

京阪神地区  JR西日本お客様センター
(電話での問い合わせのみ) 電話番号:0570-00-2486
(固定電話からは市内通話料で利用可能)078-382-8686
営業時間:6時から23時 年中無休

北陸・糸魚川地区  金沢忘れ物センター
電話番号:076-293-2234
営業時間:8時から20時 年中無休

岡山地区  岡山忘れ物センター
電話番号:086-221-1901
営業時間:8時から20時 年中無休

福山地区 福山忘れ物センター
電話番号:084-921-3033
営業時間:8時から20時 年中無休

広島地区  広島忘れ物センター
電話番号:082-261-5461
営業時間:8時から20時 年中無休

山口地区 新山口忘れ物センター
電話番号:083-972-0625
営業時間:8時から20時 年中無休

電車内の忘れ物の受け取り方法は?

忘れ物の場所が確認できたら、保管されている駅や忘れ物センターに引き取りに行くことになります。

受け取りの際には、公的証明書(運転免許証、健康保険証など)を提示の上、受領書に住所・氏名・電話番号を記入し受け取ることが出来ます。

自宅へ配送してもらうことも可能ですが、送料がかかります。荷物によっては配送できない場合もあります。

食品などは廃棄される場合があります。

忘れ物の問い合わせをしたときに聞かれることは?

駅や忘れ物センターなどに問い合わせをすると、以下のことを聞かれます。

・忘れ物をした時の状況 (日時・乗車経路・場所など)

・忘れ物内容

電車の忘れ物で多い傘やかばんなどは、色や形、大きさや特徴(かばんや財布は中身も)などを聞かれます。

携帯電話ですと、色や形などの他に事業者名(ドコモ、ソフトバンクなど)や、機種、ストラップの有無、電話番号なども聞かれます。

駅に届く忘れ物はとても多く同じような色や形のものも多いので、出来るだけ詳細に伝えたほうが見つけやすくなります。

また免許証や財布など、中に身分の分かるものが入っている場合は、先にその旨を伝えるとスムーズです。

まとめ

駅に届く忘れ物で一番多いのは傘だそうです。

手すりにかけておいて「ついうっかり」忘れてしまうんでしょうね。

また網棚に置いておいて、忘れて下りてしまうパターンもありますので、心配な人は手元に持っているのが無難ですね。

ですが、「長時間などで、ど~しても荷物は網棚に乗せて身軽でいたい。でも忘れないか心配・・・」という人は、下りる少し前の時間をアラームでセット(もちろんマナーモードで)しておきましょう。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ