金運アップの財布の選び方や買う時期、使うときのポイント

スポンサード リンク

 

「金運アップには金の財布を持つと良い」
「お金持ちは長財布をもっている」

などと言いますが、金運をアップさせるには実際にどんな財布を選んだら良いのでしょうか?
そこで、金運アップするための財布の選び方や買う時期、使うときのポイントなどをまとめてみました。

 

金運アップする財布の色は?

【金】
一般的に金運アップすると言われる「金」ですが、調子がいいときと悪いときの差がはっきりしているため、お金の使い方の荒い人や、借金をよくする人には不向きのようです。

【黄色】
黄色の財布は入ってくる分も大きいけれど、出て行く分も大きいようです。
黄色にするなら、黄土色にしましょう。
お金を呼び込み、溜め込む効果があるといわれています。

【黒・ピンク(女性)】
お金を増やしたい人に。黒はお金を貯めるパワーをもった色です。

【シャンパンゴールド、パステルイエロー、アイボリー】
お金の循環を良くしたい人に。

【白】
借金を減らしたい人に。

*金運アップにはNGな色=赤、水色
赤はお札を燃やすという意味、水色はお金を流すという意味で。(それに関連する青も)

また金運アップには、色だけでなく安っぽいデザインのものや、あまり安すぎる財布は避けた方が良さそうです。

余談ですが、ある金融関係の方は、「派手な財布やボロボロの財布の持ち主で、貯めている人に会ったことがありません」と言われていました。貯金をしっかり出来ている人は、ベージュ、白、黒、茶色などのベーシックな色の財布をもつことが多いようです。

 

金運アップする財布の形と素材は?

おすすめは『本革』です。金運アップには、「財布を大事に使う」ということはかかせません。実際手にとってみて、手触りのいいもの、自分の手にしっくりくるものが自分にとって大事に使うポイントの1つになるかもしれませんね。

財布の形は、やはりお札を折らずに入れられる長財布がいいようです。その理由は、
・お金の出し入れがしやすい
・お札にストレスがたまらない
などがあります。

可能であれば、札入れと小銭入れを両方持つのがいいですが、もしお札と小銭を一緒のお財布に入れるのであれば、小銭で財布が重くなってしまわないようにしましょう。小銭で財布がパンパンというのも、金運にはマイナスです。

また長財布でも、中身の整頓が苦手な人が「たくさん入るから」という理由で選ぶと、財布がより膨れ上がり逆効果だそうです。
逆に二つ折り財布でも、きちんと中身を整理できていれば問題はないようです。

形よりも、中身を整頓するほうが大切なのかもしれませんね。

 

金運アップする財布を買う時期は?

「張る」という意味から、買うのは春が良いとされています。
立春(2月4日頃から)ひな祭りまでに買うと良いでしょう。

財布の使い始めの1週間~10日間くらいまでは、普段より多めにお金を入れておくようにするとなお良いです。

 

金運アップする財布の使い方は?

同じ財布を3年以上使わないようにしましょう。
1000日過ぎた財布には金運アップのパワーはないと言われています。

また3年たたなくても、汚れたり、ボロボロになったものは買い換えましょう。
お札の出入りをスムーズにすることが大切です。ファスナーや止め具が壊れたものも買い換えるようにしましょう。

 

その他、使うときのポイントは?

財布の中身はいつも整理整頓しておきましょう。お財布をすっきりさせ、お札の居心地を良くしてあげるというのも、金運アップにはかかせません。

■使わないカードやポイントカードなどでお財布をパンパンに膨らませておくのもよくありません。よく使うカードを残して、カード入れに移しましょう。

■財布の中に入れるカードの枚数ですが、4枚、6枚、8枚がベストです。どんなに多くても8枚以下にするようにしましょう。

■お札の向きは揃えて、下向きに入れておくのが良いと言われています。

■レシートはお札と別の場所に入れ、こまめにに財布から出すように習慣付けましょう。

■期限が過ぎたクーポン券も捨てましょう。期限切れのものを入れておくと、タイミングやチャンスを逃すという意味で、金運が下がってしまうそうです。

 

まとめてみると金運アップには財布の色や形だけでなく、お財布をきれいに整理整頓して、お金(お札や小銭)にとって心地いい状態にするということが大切だという事ですね。

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ