レンギョウの花言葉と由来、開花時期は?漢方として使われている?

スポンサード リンク

春はさまざまな花が咲きはじめ、その色や姿で私たちを楽しませてくれますが、レンギョウの黄色もひときわ目を引きますね。

レンギョウって漢方でも使われるようなんですが、どんな効能があるのでしょうか?

また、どんな花言葉や由来があるのでしょう。

レンギョウの花言葉と由来は?

花言葉は、「希望」「かなえられた希望」「集中力」 です。

人や生き物たちが活発に動き出す春に、鮮やかで、たくさんの黄色い花をつけるこのレンギョウにぴったりの花言葉ですね。

実は日本でレンギョウという名前は、別のものを誤って認識されたものでした。

和名のレンギョウは、中国の連翹を音読みしたものなのですが、そもそも原産地の中国で連翹とは、トモエソウ(中国名: 連翹(大連翹))もしくはオトギリソウ(中国名: 小連翹)のこと。

これらどの実も薬用されていたこともあって、日本では、現在のレンギョウの実が連翹と誤って売られるようになり、ついにはレンギョウが連翹として認識されようになりました。

現在でも中国では連翹と書くとトモエソウもしくはオトギリソウのことを指します。

日本の公園や庭木などで「レンギョウ」として一般的に植栽されているのは、レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウなど、外来種です。

ですが日本にも一部の地域に自生している野生種があります。

ヤマトレンギョウ(中国地方の石灰岩地に分布)、ショウドシマレンギョウ(瀬戸内海の小豆島の石灰岩地に分布)の2種です。

この2種は、全国的にも限られた地域にしか分布しない固有種で、絶滅危惧種に指定されています。

日本原産種のレンギョウは開花時期が遅く、4月~5月頃に花を咲かせます。

レンギョウの開花時期は?

レンギョウは3~4月頃に2~3センチの小さな黄色い花を咲かせます。

弁は4枚で、細い枝に密集して咲きます。

その花が咲き終わる頃になると、入れ違うかのように今度は、緑色の葉が芽吹き、それが秋になると濃緑色、概憤色(くすんだ黄緑色)、紫色と順に変色し、最後に落葉します。

付いた果実は漢方薬として用いられます。

レンギョウは漢方で使われるの?

春に黄金色の花をつけるレンギョウは、秋になると褐色の実を結び、この実が生薬として使われます。

成熟した果実を一度蒸気を通したのち、天日で乾燥し使用します。

漢方医学では「連翹」と呼ばれ、解熱剤、消炎剤、利尿剤、排膿剤、腫瘍・皮膚病などの鎮痛薬に使用されます。

成分にトリテルペン、モノテルペングリコシド、リグナンを含み、強い抗菌作用があります。

日本薬局方においては、レンギョウまたはシナレンギョウの果実を用いています。

レンギョウ(連翹)が配合された方剤の例

・響声破笛丸(きょうせいはてきがん)

・銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

桜のピンクとレンギョウの黄色

徳島県神山町 の山里に咲く桜やレンギョウ、多くの花を撮影された動画がありました。

動画の紹介文にもあるように、桜とレンギョウの花が春を競うようにその美しさを私たちに魅せてくれています。


まとめ

レンギョウは英語ではゴールデンベルというのだそうですよ。

日本では黄色ですが、黄金色と表現するんですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ