エープリルフールを題材にした作品は?起源やマスコミがついた嘘は?

スポンサード リンク

エープリルフールといえば、毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことですね。

ウソをついてもいいのは、4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。

英語の”April Fool”は、4月1日に騙された人を指します。foolってばか者って意味ですもんね。

エープリルフールっていつから始まったのでしょう?

メディアでもエープリルフールに嘘の報道をしたりするのでしょうか?

 

エープリルフールの起源は?

 

起源はまったく不明と言われています。

いくつか有力な説があげられていますが、あくまでも仮説の域を出ていません。

その中で紹介されているのがヨーロッパ説インド説です。

古くからヨーロッパでは3月25日を新年としていました。

そこから4月1日まで「春の祭り」を開催していたのですが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用したのです。

これに驚き反発した人々が、4月1日を「嘘の新年と呼び、バカ騒ぎをはじめました。

それを見たシャルル9世は非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を次々に処刑してしまいました。

その中にはまだ13歳の少女も含まれていました。

これにショックを受けたフランスの人々は、シャルル9世への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日を「嘘の新年」として祝い続けたのです。

また13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれました。

その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなりましたが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていき、今のような風習が残ったそうです。

他にも東洋起源説では、インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていましたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節(やゆせつ)」と呼んでからかったことによるとする説もあります。

 

エープリルフール マスコミがついた嘘は?

 

4月1日には世界中で新聞が嘘の情報を掲載したり、ニュースでジョークニュースを報道したりします。

今ではインターネット上でも、ジョークコンテンツが公開されています。

例えば2006年東京新聞は東京タワーが傾く。原因は足元の“おなら”」と嘘報道をしました。

そういった嘘は分かりやすいので、「あ~エープリルフールね」とすぐに気づくことが出来ますが、中には嘘の報道の内容について問合せが殺到したり、嘘の報道を真に受けて他のメディアが真実だと伝えてしまった例もあります。

例えば、2005年に日本の新聞社が掲載したスマトラ沖地震の余波で沖縄南端に新島が出現という記事を、韓国の新聞社が真に受けてニュースとして掲載しまいました。

 

エープリルフールを題材にした作品

 

恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)(探偵小説、1921年、日本)横溝正史
四月の魚(映画、1986年、日本)
今夜はエイプリルフール(歌、1991年、早乙女乱馬=山口勝平)
帰ってきたドラえもん
エイプリルフールの唄(ゲーム音楽、2005年、AKIRA YAMAOKA名義)

などがあります。


まとめ

 

本当ともとれる嘘は、ジョークで済まないこともあるので気をつけたいですが、思わず笑ってしまうようなものでしたら、遊び心があって楽しいですよね。

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ