キクザキイチゲの開花時期や花言葉は?アズマイチゲとの違いは?

スポンサード リンク

野山に咲く花でキクザキイチゲという花がありますが、どんな由来があるのでしょうか?

似た花でアズマイチゲという花がありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

キクザキイチゲについて調べてみました。

キクザキイチゲの開花時期は?

キクザキイチゲ(菊咲一華)とはキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれます。

本州近畿地方以北~北海道に分布し、落葉広葉樹林の林床などに生育します。

高さ10~30cm。花期は3~5月で、白色~紫色の2.5㎝~4cmの花を一輪つけます。

葉はシュンギクに似て、長い柄と深い切れ込みがあります。

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごします。

キクザキイチゲ 名前の由来や花言葉は?


キクザキイチゲ(菊咲一華)の花言葉:静かな瞳】追憶】

名前の由来は、菊に似た花を一輪(一華)咲かせることから、「キクザキイチゲ(菊咲一華)」と付いたそうです。

花言葉の静かな瞳は、落葉広葉樹林の林床や渓谷の川原などにひっそりと白や紫の花をつけるこの花らしいですね。

ちなみにこの花と同じような花言葉を持つ花は

【静かな思い】 雪柳(ユキヤナギ)

【追憶】 ローズマリーストケシア

などがあるんですよ。

キクザキイチゲ(菊咲一華)とアズマイチゲ(東一華)の違いは?

キクザキイチゲと見た目が似た花に東一華(アズマイチゲ)があります。

キクザキイチゲと同じキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。

菊咲一華(キクザキイチゲ)のほうが葉が細かく裂けていて、アズマイチゲの茎葉は細かく裂けていないので、そこで区別することができます。

早春の戸隠

早春の長野県戸隠に咲く、水芭蕉、カタクリ、キクザキイチゲ等を撮影された動画がありました。

花だけでなく野鳥のノジコ・アオジ・ミソサザイ・キビタ­キがとってもかわいいですよ。


まとめ

こんな動画を見ると、野の花や野鳥に会いに自然の中に出かけたくなりますね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ