お中元の由来、送る時期やお返しは? 喪中の時はどうすればいいの?

スポンサード リンク

お中元は、本来は訪問して手渡しするのがマナーですが、現在では、宅配便で贈るのが一般的です。

お中元はそもそもどうしてはじまったのでしょうか?

いつまでに贈ればいいのでしょう?

喪中の場合のマナーは?など、お中元についてまとめました。

お中元の由来は?

中元(ちゅうげん)とは、中国の道教(中国三大宗教-三教と言い、儒教・仏教・道教)に由来する年中行事です。

昔の中国では1月15日、7月15日、10月15日を「三元」として祝う習慣があり、7月15日を「中元」として半年間の無事を祝い、祖先の供養をしました。

旧暦7月15日が中元にあたります。

ただし日本では、新暦7月15日または8月15日とされ、このころに、商い先や世話になった人々に贈り物をするようになりました。

この習慣を特にお中元とも呼ぶようになったのです。

お中元の時期は?

もともと祖先供養が目的の中元でしたが、現在では中元時期の贈答習慣をお中元と呼ぶようになりました。

東京周辺では、7月15日頃までに中元の贈り物をする習慣になっていて、それ以降は「暑中御伺い」、立秋すぎは「残暑お見舞い」で贈る傾向にあります。

しかし地方では、8月15日頃が「中元」の風習になっています。

まとめると、

東日本・・・7月の初めから15日まで

西日本・・8月初めから15日まで

とされていますが、最近は地方に関わらず、7月15日まで贈るのが一般的になりつつあります。

もし、時期を逃してしまった場合、

7月15日以降・・・「暑中御伺い」

8月7日の立秋~9月上旬・・・「残暑御見舞」として贈ります。

お返しはどうしたらいいの?

お中元は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。

ですからいただいた場合、お返しの必要はありませんが、必ずお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

出来ることなら電話で済ませず、お礼状をおすすめします。

お礼状は遅くとも3日以内に出しましょう。

相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも大切ですし、品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手の心遣いに対する感謝の気持ちを伝えることは重要です。

いただいたことへのお礼を真心込めてしたためた葉書や手紙には、電話では感じられない温かさが伝わるはずです。

また、パソコンで作成しプリントしたものよりも、たとえ下手な字であっても手書きでしたためたものの方が一層真心が伝わります。

 

お中元 喪中の時は?

お中元は日頃の感謝を表す贈り物なので、喪中でも贈ったり贈られたりしても問題ありません。

不幸があった人に贈って失礼にはなりませんが、四十九日がすんでいなければその後に、お中元ならば「暑中御伺い」「残暑お見舞い」などに表書きを変えて贈ればいいでしょう。

送られた側の人は、感謝の印として贈られてきたので、ありがたく受けとり、お返しは必要はありませんが、遅くても3日以内にはお礼状を出しましょう。

まとめ

最近は、健康に気を配った食品をお中元ギフトに選ぶ人が増えているようです。お中元選びはこうしたちょっとした気配りをもって選ぶと、相手にもその気持ちが伝わって喜ばれますね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ