お中元のマナー 贈る相手は?金額はいくらくらい?どんなものがいいの?

スポンサード リンク

日頃お世話になっている人たちに贈るお中元。

せっかくなら喜ばれるものを贈りたいですね。

お中元の金額は?どんなものを選んだらいいの?など、お中元のマナーについてまとめました。

お中元 贈る相手は?

お中元とはあくまでも「感謝の気持ち」を伝えるものですので、誰に贈らなければならないという決まりはありません。

一般的には、離れて暮らしている両親や親戚、勤務先の上司や恩師、新婚さんであれば仲人や媒酌人に贈る場合が多いようです。

会社によっては、社内での贈答は禁止としているところもありますし、部署などによっても違うようですので、前もってリサーチしておくほうがいいかもしれません。

贈る時は前もって挨拶状を送るか、贈る品にカードを添えます。

お中元 金額はいくらくらい?

お中元の金額は、日頃お世話になっている度合いによって価格帯を変えるのが一般的ですが、お中元では3,000円~5,000円が一番多い価格帯になるようです。

特にお世話になっている人には10,000円くらいのものを贈る場合もありますが、毎年のことになりますので、お互い気を遣うことになりますし、あまり無理をしない方がいいでしょう。

親、親類、仲人、媒酌人、特にお世話になっている上司、目上の人には5,000円前後、同僚、知人、友人、隣近所の方:3,000円前後が多いようです。

いずれにしても、あくまで感謝の気持ちが第一ですので、相手が喜ぶギフト選びを心がけましょう。

どんなものを贈ったらいいの?

贈るものは相手の家族構成や年齢、好みをよく考えて品物を選びましょう。

当たり前のことですが、お酒を飲まない方にお酒を贈っても喜ばれないので、そこはしっかりリサーチしましょう。

少人数のご家庭へは量より質の高いもの、お子さんのいる家庭には家族そろって楽しめるものというように考えると良いでしょう。

また、お中元の品物選びでおすすめなのは、季節感のあるギフトです。お酒を召し上がる家でしたら、定番ですがビールは喜ばれますね。

夏の時期に涼しげなギフトを贈るとちょっとした心遣いが感じられて、受け取る側もうれしいでしょう。

もし先方が気に入ってくれているようであれば、毎年同じ物でもOK。

また、毎年品物が違ったとしても、金額は同じにするのがマナーです。

前年よりも低額のものを贈るのは失礼になります。

まとめ

お中元の品物選びは、毎年迷ってしまう人も多いかもしれませんが、あくまでも日頃の感謝を現すものです。

今はインターネットで、人気のお中元ランキングなどもありますので、参考になさってみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ