抜け毛や薄毛が気になる女性が急増中!プロに聞いた予防と対策まとめ

スポンサード リンク

 

「最近髪が薄くなってきた気がする」
「髪にボリュームがなくなってきた」

なんて思うことありませんか?

最近は若い人や女性でも、抜け毛や薄毛に悩む人が増えているようです。


注意したほうがいい抜け毛の種類


生え変わりのサイクル、新しい毛のために古くなった毛は自然に抜けていきます。
その自然に抜ける毛であれば心配はいりません。

自然に抜けた毛と、サイクルが上手く機能しなくなって抜けた毛はよく見るとわかります。
自然に抜けた毛は、役目の終わった毛です。
大体1日100本~120本くらいは自然に抜けます。

毛根の形がふっくらしており、先が白い球状になっていれば「自然に抜けた毛」です。

それ以外の抜け毛は(下記参照)何らかの原因で、頭皮の状態や髪のサイクルが上手く機能しなくなっているので、早めの対策が必要です。

脂漏性(しろうせい)脱毛症の抜け毛

頭皮の脂の分泌が活発になり、べたべたしたフケが出たり、
毛穴をふさいだり、最近が繁殖して炎症をおこします。
抜けた毛は、毛根に白い付着物(脂のかたまり)がついており
もやしの根っこのように先が細くなっています。


■フケ症の抜け毛


乾いたフケが多く出るようになります。
頭皮の血流が悪くなり、乾燥したり、部分的に赤くなったりします。
毛根は先が細くもやしのような根っこがついています。


■円形脱毛症の抜け毛


円形脱毛症は、ストレスや疲労の蓄積で髪のサイクルが休止してしまったことで起こる抜け毛です。
この場合の抜け毛は、先が細く毛根がない状態などさまざまな形をしています。
原因を取り除き体が回復してくると、徐々に生えてきます。


びまん性脱毛症の抜け毛

びまん性脱毛症の抜け毛は女性に多く見られる症状で、髪全体のボリュームが少なくなってきます。毛根は細くひょろひょろしています。

 

抜け毛や薄毛の原因は?

その原因はいくつか挙げられますが、多いのはストレスや睡眠不足。

また最近の傾向ではスマホやケータイの見すぎで目を酷使していたり、お酒の飲み過ぎも、抜け毛や薄毛の原因と言われています。

それは、網膜の修復をしてくれるアミノ酸の一種システインが、目の酷使やお酒の飲みすぎにより不足してしまうから。

また無理なダイエットもホルモンバランスを崩してしまうので、
髪にとってもよくありません。

髪のボリュームの減少は、抜け毛もさることながら、毛穴のたるみが考えられます。
加齢と共に、頭皮もたるみ毛穴が広がってきます。
すると、髪の付け根がぺしゃっとなり、髪が少なく見えるという事もあります。

 

美容師さんに聞いた、抜け毛・薄毛対策


■効果的なのは『頭皮マッサージ』


最近ではヘッドスパを取り入れる美容院が増えてきましたね。

それだけ抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきたという事でしょう。

血流の悪い固い頭皮には、健康でしっかりした毛は生えにくいのです。

自宅でも頭皮マッサージは出来ますので、
お風呂に入ったときの習慣として行ってみましょう。

やり方は簡単!

お風呂で温まりながら、頭皮を手で挟み、動かします。(爪を立てない)
特に頭頂部や、耳の周りの固くなっているところを、挟んだまま上に引き上げるように、揉みもぐしましょう。

髪を根元から掴んで、ぐっーっと引っ張るのも頭皮の血流を促すには効果的。

*お風呂で血流が良くなっているので、強くしすぎや、やり過ぎには注意です。(2、3分で充分です)


■シャンプー、コンディショナーは洗い残しのないように


シャンプーやコンディショナーが残ったままだと、
毛穴を詰まらせるため、抜け毛の原因になります。


■お湯の温度は40度以下


お湯の温度が熱すぎると、頭皮を乾燥させ、フケや抜け毛の原因に。


■食生活・生活習慣を見直し、ストレスをためない生活を


無理をしているときは「無理をしている」と気づかず頑張れてしまうものですが、ストレスや疲労は気づかないうちに体に蓄積していきます。

「気づいたら円形になっていた」というときは、すでに体はかなりのストレス状態。
忙しくても睡眠は夜にしっかりとる、バランスのいい食事をするなど、基本的なことですが、それだけでも体への負担は減らせるはずです。

特にホルモン分泌が活発になる22:00~02:00の間は就寝しているのがベストです。


■喫煙、お酒はほどほどに


いつまでも若々しい髪を保ちたいのなら、喫煙はNG。
血管を収縮させるので、必要な栄養が行き渡らなくなります。

またお酒は少量なら血流を良くしてくれますが、深酒は眠りを浅くしてしまうので、
良くありません。

いつまでも若々しいツヤ髪でいたいものですね。

 

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ