制汗剤が肌にトラブルを招く?汗のニオイが気になるのはなぜ?

スポンサード リンク

これから暑くなって薄着の時期になると、わきの汗やにおいが気になりますよね。

お出かけ前の「シュー!」が習慣のようになっている人も多いと思います。

ですがにおいを解消するために使っている制汗剤(デオドラント)が、肌トラブルを招くこともあるので注意が必要です。

汗のニオイが気になるのはなぜ?

暑いときに皮膚の表面から汗をたくさんかくのは、汗をかくことで体の熱を下げる効果があるからです。

気温の高い時や、運動により筋肉が熱くなっている時には、より多くの汗が分泌されます。

特に気になるワキの汗は、こまめに拭うのは難しい箇所ですよね。

汗をかいたままにしておくと、衣類に汗がしみたり、ワキが蒸れたまま放置されることになり、雑菌が繁殖してニオイを放ちます。

またワキからかく汗は、フェロモンなどのにおい成分を多く含むことが知られています。

ワキにかいた汗のにおいが気になるのはそのためです。

制汗剤の使いすぎが肌にトラブルを招く?

今はたくさんの制汗剤(デオドラント)が出ていて、スプレーやミスト、シート状のものから、直接皮膚に塗るタイプのものまでさまざまですよね。

多くの人はお風呂上りや外出前、スポーツの後などに使用することが多いと思います。

制汗剤には汗を抑える「収れん剤」と、雑菌を抑える「抗菌剤」が含まれています。

そして、ワキの臭いそのものを香り成分で消臭するもの、臭いの元となる雑菌を殺菌するものなどがあります。

それらは、いずれもパウダーによって汗腺にフタをしている状態なんですね。

汗腺にフタをすれば汗の分泌が抑え込める!と思われますが、毛穴を塞いで老廃物の排泄を妨げることで、余計に臭いがきつくなるケースもあります。

一般的に効果の高いものは、お肌に負担を与えてしまいます。

制汗剤を多用するあまり、「かゆみ」「黒ずみ」といったトラブルを経験する人も多いようです。

また制汗剤に使用されている収れん剤の成分には、酸化アルミニウムなどの「金属塩」が含まれていますが、少なくとも人体によいものではないようです。

特に注意したいのは、ニオイの少ない人やワキガでない人が、制汗剤を多用したり、強い殺菌作用の製品を使うこと。

通常は表皮ブドウ球菌という常在菌が別の強い菌の繁殖を防いでいるのですが、殺菌成分の強い製品を使い滅菌状態が続くと、黄色ブドウ球菌など強い菌が繁殖する可能性があります。

強い制汗剤を使用することで、必要な菌までなくしてしまっては逆効果。

今まで以上に臭いが強くなってしまうこともあるんです。

量や使用頻度を減らすか、他のものに変えるなどの対処が必要です。

エチケットとして、頼らざるを得ない場合もありますが、くれぐれも使用はほどほどに、デリケートなお肌のために、使いすぎないように心がけましょう。

まとめ

特に日本人は諸外国に比べ、「自分のニオイが気になる」という人が多いようです。

どうしても「汗のニオイや体臭が気になる」という人は、化学物質が含まれていないデオドラントもあるようなので、試してみてはいかがでしょうか?こちらは食品でも使われる「ミョウバン」を使用したデオドラントスプレーです。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ