スーツ選びのポイント スーツは何着あればいい?何色のスーツが良いの?

スポンサード リンク

新社会人になると、まず必要となるのがスーツですよね。

どんなスーツを選んだらいいの?何着あればいい?など、スーツを選ぶときのポイントをまとめました。

スーツ選びのポイントは?

スーツを買う時に気を付けたいポイントは、色だけでなく、実は形が大きなポイントです。

ちゃんと寸法を計り、体にフィットしたものを選びましょう。

特に肩幅は要注意。

『服に着られている』という状態は、だらしないだけでなく、非常に頼りない印象になってしまいます。

袖丈が長過ぎる若い方も多いので、スーツのジャケットは手首が出るように心がけて下さい。

シャツのカフスボタンが見えるぐらいの短さでちょうど良いですよ。

スーツは何着あればいいの?

新入社員でこれからの社会人生活をスタートするにあたって、心機一転揃えたいのがスーツですよね。

何着買えば良いの?という質問をよくみかけますが、最低限で言えば、夏物2着、冬物2着の計4着は欲しいですね。

クリーニングに出したりすることを考えると、各シーズン2着は最低必要です。

同じスーツを毎日着るのは痛むのが早くなりますし、印象も良くないので最低2着を交互に着るようにしましょう。

何色のスーツを買えば良いの?

新入社員の方がスーツを買いそろえる時に色も気になるところだと思いますが、基本的に濃い色を選ぶようにして下さい。

ダークグレーダークネイビーが無難です。

ストライプ等の柄物は避けて無地にしておくと好印象ですね。

黒を選びがちですが、冠婚葬祭を連想させるブラックスーツは避けておきたいところ。

茶系はNGです。シャツやカバン、ネクタイとの相性も考え、無地で濃い色を選ぶようにしてみて下さい。

まとめ

ビジネスマンにとって、スーツはその人の印象を大きく左右します。

スーツの印象で「仕事が出来そう」「出来なさそう」というイメージも与えてしまうこともありますので、スーツ選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ