トマトは健康野菜!栄養やカロリーは?栄養を効果的に摂るレシピは?

スポンサード リンク

トマトは今や1年中スーパーなどで買うことが出来ますね。しかも種類も本当に豊富です!

お弁当に入れたり、サラダで食べるだけでなく、スープや炒め物、パスタなどでも大活躍のトマト。

どんな栄養があるのでしょうか?

また栄養を効果的に摂るにはどんなレシピがいいのでしょう?

トマトについて調べてみました。

栄養やカロリーは?

トマトの栄養と言えば、赤い皮に含まれるリコピン」です。

リコピンには有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用があり、ガン動脈硬化などの予防効果が高いことが分かっています。

そのほか免疫力を高め、風邪予防花粉症の予防としても効果があると言われている「βーカロテン」など栄養成分や、クエン酸などの働きで血糖値の上昇を抑えてくれるなど、トマトには栄養がたっぷり入っています。

またトマトを料理に使うと肉や魚の臭みを消してくれますし、うまみを増してくれるので、調味料としても万能選手です。

トマトのカロリーは、100gあたり19kcalです。つまり中くらいの大きさのトマトで30kcalくらいと、かなり低カロリーですね。

食事の前にサラダやスープとして摂取することで、血糖値の上昇を抑えてくれるだけでなく、食べすぎを防いでくれます。

栄養を効果的に摂るレシピは?

トマトに含まれるカロテンや赤い色素のリコピンは、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります

そのまま食べるよりも、油と摂ることでカロテンの吸収率が5倍に高まりガン予防や風邪、花粉症予防の効果も高まります。

カロテンもリコピンも熱に強いので、スープやシチュー、炒め物としても摂取できますし、加熱加工された缶詰からでも栄養素は摂れます。

おすすめのレシピは、トマトと卵をオリーブ油で炒めた『スクランブルエッグトマト』です。

∞∞作り方は簡単!∞∞

ざく切りにしたトマト(中4個)と、卵2個(牛乳少々、塩、こしょうを混ぜておく)をオリーブオイルで炒め、半熟状に手早く炒めるだけです。

黄色と赤のこのメニューは見た目にもカラフルですし、ガン予防や風邪、花粉症予防のほか、疲労回復も出来るおすすめメニューです。

簡単に出来るので忙しい朝にぜひ取り入れてみてください。

またトマトは、ビタミンCの体内活性を高めるケルセチンを含むので、ビタミンCを含むほかの食材と合わせると、美白効果が期待できます。





まとめ

トマトの皮には栄養が多く含まれているので、むかずに食べるようにしたほうが効果的です。

鮮やかな赤が、お料理にいろどりを添えますね。加熱しても栄養価が残っているというのが、料理の幅を広げてくれます。

積極的に摂っていきたい食材ですね。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ