日焼け止めの基礎知識 SPFって?正しい塗り方や塗る時のポイントは?

スポンサード リンク

天気予報などで「明日の紫外線は・・・」なんて聞くようになると、「そろそろ日焼け止めが必要かな」と思う方も多いと思いますが、日焼け止め、なんとなく選んでいませんか?

SPFって何?正しい塗り方は?どんなものを選んだらいいの?など日焼け止めの基礎知識をまとめました。

日焼け止め SPFとは?

●日焼け止め SPFとは?

SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略でUVB波を遮断する効果の程度を表す指標のことです。

測定法に微妙な違いはありますが、世界標準と言えるくらい多くの国で採用されています。

 

●SPFの測定方法とは?

SPFをはかるときは、紅斑、またはサンバーンと呼ばれる、肌がヒリヒリと赤くなるような炎症をひき起こすかどうかをもとに算出されます。

肌が赤くひりひりするまでの最小の紫外線量に比べ、日焼け止めを塗った時に、何倍の紫外線にまで耐えられるかというのがSPFの数値の根拠になります。

たとえば、紅斑が現れるまでに20分程度かかる人がSPF10の日やけ止めを塗った場合、10倍の紫外線量を20分浴びて、ようやく紅斑が認められるということを意味します。

間違ってはいけないのが、SPF値を時間と換算してしまうこと。

「SPF10は10倍の時間(この場合20分×10倍=200分)紫外線にまで耐えられるから3時間20分は日焼けされないですよ」という意味ではないということ。

それであれば、「マメに塗りなおしましょう」はおかしいですよね?

なぜなら肌に塗った日やけ止めは、汗などで時間と共に失われるからです。

ですので、ちょっとしたお出かけや、買い物などはSPF15~20ほどで充分ですし、山や海などに行けば当然紫外線を多く浴びますので、やはりSPF30以上のものが必要になってきます。

ただし、先述したように、汗などで失われるため、こまめに塗りなおす必要があります。

 

日焼け止めの塗り方は?

●日焼け止めの正しい塗り方は?

日焼け止めを塗ったからといって紫外線対策はバッチリ!と思いたいところですが、油断は出来ません。

汗をかいたり、時間が経つにつれ日焼け止めは取れてきますので、こまめに塗り直すことが重要です。

外出時間や場所、行動内容などによってSPFを使い分けましょう。

日本では最大SPF50までのものが出ていますが、効果が高い分肌への刺激もあるため、これは海や山、日差しを多く浴びるときのみにしましょう。

日常のお出かけや買い物、洗濯物を干したりなどはSPF15~20くらいのもとという風に使い分けるようにするといいですね。

●塗る時のポイント

●髪が短い人や、アップスタイルにしている場合、意外に焼けてしまうのが耳のうしろ。日焼けしてしまうと、乾燥したり、かゆみになることもあるので、耳の後ろもしっかり塗りましょう。

●顔は、鼻の頭や、頬骨など高いところが焼けます。そのあたりは少し厚く塗るようにしましょう。

●SPF値の低いものを使う場合は、日焼け止めを塗ったあとパウダーファンデーションを上につけるとUV効果がアップします。

●毎日使う日焼け止めは、紫外線吸収剤の入っていないもの(ノンケミカルなどと表示されている)が、比較的刺激が少ないです。


まとめ

しっかり紫外線対策をするには、日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、サングラスなどのアイテムも上手に組み合わせると効果アップです。

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ