イースターエッグとは?どんな意味や由来があるの?作り方は?

スポンサード リンク

イースターと言えば、カラフルな卵が浮かびます。

あの卵ってどんな意味があるのでしょうか?

由来は?など、イースターエッグについて調べました。

イースターエッグとは?どんな意味があるの?

イースターエッグは復活祭(Easter:イースター)の休日もしくは春を祝うための特別に飾り付けられた鶏卵のことです。

元来染めたり塗ったりした鶏卵(ゆでたまご)を使いますが、現代ではチョコレートで作られた卵や、ジェリービーンズなどのキャンディを詰めたプラスチックの卵も使われます。

プラスチックの卵には現金を入れることもあるそうです。

卵を飾る習わしは、キリスト教および復活祭よりもかなり古くから存在していたようで、卵とウサギは、古来より豊壌のシンボルでした。

卵が使われる意義については、見た目には動かない卵から新しい生命がそこから生まれ出ることから、死と復活を象徴しているとされます。

また卵は赤く染められる事が多いのですが、赤は、卵で示されるように、「キリストの血によって世界が救われる」ことを表し、またキリストの血によって人類が再生することを表しています。

国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれます。

イースターエッグの由来は?

起源については様々な説があります。

教会の伝承の一つとして、マグダラのマリヤが、キリストの復活を知らせるためにローマ皇帝に謁見した際、赤い卵を献上したことに由来するというものがあります。

イースターエッグの作り方

英語ですが、動画なので分かりやすいです。

お子さんと作ってみたら楽しいかもしれませんね。

まとめ

イースターエッグについて調べてみると、とても繊細に描かれたものや、とても高価なものがあったりして、最初はただの卵だったはずなのにどこまで行ってしまうんだろうという感じです。

個人的には、チョコレートで作ったタマゴの中に、別のお菓子が入っているものが好きです。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ