オオルリとは?オオルリのさえずりは?オスとメスの違いは?

スポンサード リンク

子供の頃、バードウォッチングをしている親戚のおじさん、おばさんに山に連れて行ってもらったときに、青いキレイな鳥を見ました。

あの鳥はオオルリだったのかな~。
キレイな鳴き声をしていたので、きっとそうだったんでしょう。

オオルリって日本3大鳴鳥だったんですね。
姿良し、鳴き声良しですからね。納得です!

オオルリ(大瑠璃)とは?

オオルリ(大瑠璃)は、スズメ目ヒタキ科オオルリ属に分類される全長15センチほどの鳥で、日本へは夏鳥として4月下旬ごろ渡来します。

北海道から九州までの全国各地で繁殖し、日本では10月ごろまで見ることが出来ます。(南西諸島を除く)

冬はインドシナ半島から大スンダ列島、フィリピンなど東南アジアで越冬します。

低い山でよく見られ、特に渓流の近くを好んですみつきます。

高い木の上で美しい声でさえずるオオルリは、ウグイス、コマドリとともに、日本三鳴鳥と言われています。

オスとメスの違いは?

雄(オス)の背中は尾も含め光沢のある非常に美しい青で、尾の基部には左右に白斑があります。
喉、顔は黒で腹は白いです。

雌(メス)は頭から尾にかけて背面が茶褐色で、喉と腹は白く、胸と脇が褐色をしています。

雄が美しい色彩になるには2~3年を要すると考えられ、若鳥時代の雄の羽色は雌の羽色と似た茶褐色で、背面の一部と風切羽及び尾羽に青色が表れているだけです。

雌はキビタキの雌やコサメビタキなどに似ています。

018

<オオルリオス>

320px-Cyanoptila_cyanomelana

<オオルリメス>

オオルリのさえずりは?

地鳴きはクッ、クッ。さえずりは、美しい声でゆっくりとピリーリー、ポィヒーリー、ピールリ、ピールリ、ジィ、ジィと鳴きます。美しい声でさえずるのはオスと言われていますが、雌もさえずることがあります。

繁殖期に雄は木の梢で豊富な声量でさえずります。
オスの美しい姿と声は、メスの気を引くためなんですね。

オオルリのさえずり

オオルリの美しいさえずりが撮影された動画がありましたので、ご紹介します。
それにしても、オオルリってこんなにキレイな鳥だったんですね。



美しいオオルリの奥で、オオルリと同じく3大鳴鳥といわれるうぐいすの鳴き声が。
本当はオオルリのさえずりを撮影したかったんでしょうね。
オオルリもウグイスの鳴き声を聴いていたんでしょうか。


まとめ

まさに天に二物を与えられた鳥なんですね。
久しぶりに本物のオオルリを見に行ってみたくなりました。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ