滝桜とは?三春滝桜の名前の由来は?見頃やアクセスは?

スポンサード リンク

日本には樹齢1000年を超える桜があると知りました。

滝桜と呼ばれる桜で、日本三大桜の1つなんですね。
滝桜についてまとめてみました。

滝桜とは?

正式には三春滝桜(みはるたきざくら)といい、福島県田村郡三春町に所在します。

樹齢推定1千年を超える、エドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で、大正11年10月12日、根尾谷の淡墨ザクラ山高神代ザクラなどとともに国の天然記念物の指定を受けた名木です。

日本を代表する桜の巨木で、日本三大桜の一つに数えられ、岐阜県の淡墨桜とともに東西の横綱に位置づけられています。

樹高12m、根回り11m、幹周り9.5m、枝張り東西22m・南北18mの大木です。

【三春滝桜とともに天然記念物の指定をうけた桜】

1
<淡墨サクラ/天然記念物>

dj1104132
<山高神代ザクラ/天然記念物>

三春滝桜 名前の由来は?見頃は?

滝桜の名前の由来は、薄紅色の花が滝のように流れ落ちる様子からつけられました。

そしてこの桜が、福島県田村郡三春町にあることから、三春滝桜と言われています。

三春の滝桜、また単に滝桜とも呼ばれます。

見頃は4月中旬から下旬で薄紅色の花をつけます。

1922年(大正11年)10月12日に、2本の桜とともに国の天然記念物に指定されました。
また、1990年(平成2年)には、「新日本名木100選」のベスト10に選ばれ、桜の名所ランキングでは常に第一位の評価を得ています。

 

三春滝桜までのアクセスは?

住所は福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地です。

●電車の場合

JR磐越東線・三春駅から約8km。

【有料シャトルバス】
開花時期にはJR磐越東線・三春駅発の有料シャトルバス「滝桜号」が運行されます。
三春町内にも停まりますので、ゆっくりと三春を観光したい方におすすめです。

●車の場合

磐越自動車道・船引三春ICから約3km。

【週末限定・無料シャトルバス】

開花時期の土日などには、三春町貝山の三春町運動公園から滝桜までの無料シャトルバスも出ています。車の方は、三春町運動公園まで来て、無料シャトルバスを利用すると、渋滞を回避することができるのでおすすめです。
花のシーズンには付近に有料駐車場ができます。

なお、開花期には周辺の道路の渋滞が激しくなるので注意が必要です

2011年3月現在、三春町が行っていた周囲の遊歩道の整備は震災により停止しており、工事完成の見通しが立っていないため、一部の路面は不良となっています。


詳しくは三春町HPをごらんください

夜空に浮かぶ滝桜

ライトアップされた滝桜が撮影された動画がありましたので、ご紹介します。

とても幻想的です。
1千年という気の遠くなるような長い年月を生きてきたこの木にはどんな歴史が刻まれているのでしょうか。


まとめ

2011年の震災でも大きな損傷はなかったそうです。
震災後の原発事故で訪れる人も減ってしまったそうですが、ぜひ1度はこの桜に会いに現地にいってみたいです。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ