シャクナゲの花の季節や花言葉は?シャクナゲはキケンな花!?

スポンサード リンク

春に大きくて華やかな花を咲かせるシャクナゲですが、
調べてみるとシャクナゲには毒があるようですね。

シャクナゲの花の季節は?

シャクナゲ (石楠花、石南花) は、
ツツジ科ツツジ属 無鱗片シャクナゲ亜属、無鱗片シャクナゲ節の総称です。

主に低木ですが、高木になるものもあり、
花の色は白や赤系統がほとんどですが、黄色のものもまれにあります。

花の時期は4月上旬~5月上旬、細長い葉っぱの先端に大きな花をつけます。

シャクナゲの花言葉は?

シャクナゲの花言葉は、「威厳」「荘厳」「危険」「警戒」です。

こんなキレイな花になぜ危険警戒なんて言葉が!

実はこのシャクナゲ、
葉にグラヤノトキシンなどのケイレン毒を含む有毒植物だったんです。
摂取すると吐き気や下痢、呼吸困難を引き起こすことがあります。

葉に利尿・強壮の効果があるとして、
お茶の代わりに飲む習慣を持つ人が多く存在するようです。
これはシャクナゲに「石南花」という字が当てられているため、
これを漢方薬の「石南(オオカナメモチ)」と同一のものと勘違いし摂取しているようなのですが、

シャクナゲにこのような薬効は存在しないので、

くれぐれも誤って摂取しないように!してくださいね。

そして威厳・尊厳という花言葉は、
シャクナゲが『花の女王』と言われるところからつけられているのかもしれませんね。

みごとなシャクナゲ

茨城県のつくば市にある、つくば植物園で一番人気の
シャクナゲ『太陽』を撮影された動画がありました。

って、シャクナゲってこんなに大きな木にまとまって咲くんですね!
驚きです!


まとめ

「美しい花にはトゲがある」といいますが、
この美しい花(正確には葉ですが)も毒があったんですね。

素人の判断で、薬の代わりに飲んだりするのは危険ですので、
植物を摂取するときは気をつけましょう。

同じツツジ属にレンゲツツジという花があります。
ツツジの花は下から蜜を吸うことが出来、私も子供の頃遊びで吸ったりしていましたが、
中でも朱色をしたレンゲツツジには注意が必要です。

レンゲツツジには致死性になりうる毒があり、
庭木として利用されることもあるので事故を避けるために注意しなければなりません。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ