とうもろこし茶 妊婦さんや赤ちゃんにも大丈夫?効能と副作用は?

スポンサード リンク

ここ数年、日本でもとうもろこし茶をスーパーや薬局などで見かけるようになりました。

ノンカフェインで水分補給やダイエットにも取り入れている人も多いようですね。

今回は妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも大丈夫なの?
どんな効能があるの?おすすめのとうもろこし茶は?などまとめてみました。

とうもろこし茶 妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも大丈夫?

妊娠中の食べ物や飲みものって、気を使いますよね?

妊娠中に飲む日常茶として、ルイボスティーや麦茶はよく知られていますが、
赤ちゃんが産まれてくるまでには10ヶ月もある為、
さすがに飽きてしまいます。

「あれもこれもダメ」と、食生活でストレスをためないためにも、
飲み物もいくつか用意しておきたいですね。

そんな妊婦さんにも安心なのが、国産のとうもろこし茶。
こちらのお店は100%熊本産のとうもろこしを使用していて、
しかも無農薬・無化学肥料の自然農法で育てられたとうもろこしなんです。

ずっと飲むものだから、無農薬・無化学肥料だったら安心して飲めますね。
送料無料なのも嬉しいです。

他の国産とうもろこし茶もいろいろ探してみましたが、
無農薬のはなかなかありませんでした。

「近所のディスカウントショップの方が安い」かもしれませんが、
産地が分かっているのと、無農薬・無化学肥料であることは、
妊娠中の大事な体に摂る飲み物としては大事なんじゃないかな~と思います。

と書きながら、私も思わず注文してしまいましたっ。

とうもろこし茶は香ばしくてほんのり甘い味なので、
夏場などは冷やして飲んでも美味しいと思います。

さらにノンカフェインで無添加、無着色のほか、
テーパックを使用していない自然な抽出が出来るので、
もちろん赤ちゃんにも安心です。

とうもろこし茶の効能と副作用は?

とうもろこし茶の効能はいろいろありますが、
特に妊婦さんに嬉しいのが、鉄分食物繊維

とうもろこし茶には食物繊維が豊富に含まれています。
毎日野菜を気をつけて摂っていても、妊娠中は便秘になる人も多いですよね。

このとうもろこし茶を飲んでいて、
妊娠中もあまり便秘を感じることがなかったという人もいました。

また妊娠中は鉄分も充分に摂りたいですね。
特に妊娠中期以降は、鉄分不足になりやすくなります。

妊婦さんの貧血は、流産、早産、妊娠中毒症の原因や、
出産時での微弱陣痛や未熟児など胎児に影響が出ることもありますので、
食事以外でも鉄分は摂取していきたいですね。

最近はとうもろこし茶を薬局やスーパーなどでも見かけるようになってきて、
ペットボトルでも販売されるようになりました。
ペットボトルのお茶って確かに手軽で便利ですよね。

ですが、保存料などの添加物が含まれていることが多いので、
できれば自宅でお茶を作り持ち歩くのがおすすめです。

まとめ

妊婦さんや赤ちゃんが口にするものは、栄養や効能だけでなく、
出来れば産地や、製造工程が安心なものを選びたいですね。

また他のものでも、安心なものを見つけたらご紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ