2014年 暑中見舞いを出す時期は?喪中の時は出さない方がいい?

スポンサード リンク

暑中見舞いとは日ごろお世話になっている方たちへ、
1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う意味で、
訪問したり手紙を出すことです。


毎年この時期になると、
「あれ?暑中見舞いっていつまでに出すんだっけ?」って思うので、
暑中見舞いと残暑見舞いの時期と、
意外と知らない喪中の場合どうするのかをまとめてみました。

暑中見舞いと残暑見舞い 出す時期は?

暑中見舞いは「立秋」の前までに出します。
2014年の立秋は8月7日ですから、8月6日までに出すようにしましょう。

そして、「暑中見舞いをいつから出すか」については諸説あります。

●二十四節気の小暑(7月7日頃)から
●夏の土用の時期(立秋の前の約18日間。7月20日頃~)、
●あるいは梅雨が明けてから、など。

「じゃあ、いつから出したらいいの?」というと、

今は若干、単なる社交辞令となっているきらいもある暑中見舞いですが、
元々の意味は、夏の暑さが厳しい時期に相手の健康を気遣う「安否伺い」ですから、
梅雨が明けて夏らしくなった頃に届くのが、タイミングとしてはいいでしょう。

梅雨明けの時期は毎年異なりますし、地域によっても異なりますので、
投函されるのは天気予報をチェックされていたほうがいいでしょうね。

そして、残暑見舞いは立秋を過ぎたらです。
2014年は7月7日からは残暑見舞いになります。
「いつまでに送るべきか」については諸説ありますが、遅くても8月中に送るのが通例です。

 

喪中の時は出さない方がいい?

年賀状の時は、喪中はがきを送りますが、
暑中見舞いはどうしたらいいのか迷いますね。

年賀はハレの日のお祝いの挨拶なので控えますが、
暑中見舞い、残暑見舞いは普通の時候の挨拶なので、
送っても差し支えありません。

お中元、お歳暮などもお世話になっている方への時候の挨拶なので、
送っても大丈夫です。

暑中見舞い 蛍の書き方

はがき絵作家 やまやえみこさんが、
暑中見舞いにぴったりの蛍のはがき絵の書き方講座をあげられています。

こんな暑中見舞いもらったら嬉しいな~。


まとめ

今はメールでのやりとりが殆んどで、手紙をいただくことがなくなりましたが、
やっぱりいただくと嬉しいものです。

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ