コレステロールのHDL善玉LDL悪玉って?高いとどんな病気になる?

スポンサード リンク

前回の記事では、
コレステロールって体にとって大事な役割をしているんだよということや、
LDL悪玉が低いからといって安心できないですよということをお伝えしました。

コレステロールって?LDL悪玉コレステロールが低くても安心できない

今回は善玉と悪玉の違いや、
コレステロール値が高いとどんな病気になるのか?についてまとめてみます。
 

HDL善玉コレステロールとLDL悪玉コレステロールって?

 
一言でコレステロールと言いますが、それは
HDL善玉コレステロールLDL悪玉コレステロール
のことを合わせてそう呼んでいます。

一般的に「コレステロール値が高い」と言われるのは、
悪玉コレステロール値が基準値を超えている場合になります。

名前を見ると、悪玉ってなんだか悪いと思いますよね。

でも、このHDL善玉コレステロールLDL悪玉コレステロール
実は同じものだったんです。
 

HDL善玉コレステロールとLDL悪玉コレステロール 実は同じもの?

 
私たちの体の中にあるコレステロールというのは、
約7割が肝臓で生成されます。

その肝臓から生成されたコレステロールは血管を通して、
私たちの体に運ばれ「ホルモン」「細胞の原料」になるのですが、

その肝臓から体に運ばれるときのコレステロールを
「LDL悪玉コレステロール」といいます。

そして体の中でホルモンや細胞にならずに余ったコレステロールが、
また血管を通って今度は肝臓に戻ります。
その体から肝臓に戻るときのコレステロールのことを
「HDL善玉コレステロール」と呼んでいます。

 

図で解説してみると

LDL悪玉コレステロール/肝臓から体へ運ばれる
肝臓 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 
(肝臓で生成されたもの・ホルモンや細胞の原料になる)

HDL善玉コレステロール/体から肝臓へ運ばれる
肝臓 ←←←←←←←←←← 
(体の中でホルモンや細胞にならずに余ったもの)


コレステロールはこうやって、
私たちの体の中で役に立ちながら上手く循環しているんですね。
非常にいいシステムで、「どちらが悪い」というわけではないんです。

 

HDL善玉コレステロールとLDL悪玉コレステロールが、
もとは
同じものだということ、

そして、悪玉という名前がついているから=悪いもの
というわけではないということはお分かりいただけたでしょうか?

では、次はコレステロールが高いと、
どんな病気になるのかまとめてみます。
 

コレステロール値が高いとどんな病気になるの?

 
コレステロール値が高いと心配される病気は、

動脈硬化です。

コレステロールは基準値内であれば体の中で上手く循環しており、
非常にいいシステムで、「どちらが悪い」というわけではないんですが、

LDL悪玉コレステロールだけが増えすぎた場合、
体から肝臓に戻る方(HDL善玉コレステロール)が追いつかなくなり、
コレステロールが血管の中に残ってしまい血管を詰まらせるため

動脈硬化になる可能性が出てくるといわれています。

さらにそれが進むと、
心筋梗塞や、脳梗塞のリスクも高まってきます。

今までの常識では、
LDL悪玉コレステロールが高いととにかく下げようとしていましたが、

コレステロールの新常識では、

LDL悪玉コレステロール値だけをみるのではなく、
HDL善玉コレステロールとの比率(LH比)をみるようになってきいるので、

LDL悪玉を下げるか、
HDL善玉を上げるかして、
LH比を下げることが大事なのです。

LH比について詳しくはこちらをご覧下さい。
コレステロールって?LDL悪玉コレステロールが低くても安心できない?
 

まとめ

 
今回の話をまとめると、

HDL善玉コレステロールとHDL悪玉コレステロールは同じもの
●コレステロールの7割は肝臓で生成され、ホルモンや細胞になるなどの役割を果たしている
●動脈硬化などの病気にならないためには、
LDL悪玉を下げるか、HDL善玉を上げるかして、
LH比を下げることが大切。

次回はコレステロールを下げる運動・食事をお届けします。

 

 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ