熱中症の原因や症状は?応急処置はどうしたらいいの?

スポンサード リンク

夏になると熱中症になる人が増えてきます。

その症状は「夏風邪かな?」と思うようなものもありますが、
放っておくと命に関わる場合もあるので、早めの対策が必要です。

熱中症の原因や症状、応急処置についてまとめました。

 

熱中症の原因は?

 

熱中症は、体内に熱がこもり外に発熱出来ない状態になると症状が発生します。

私達の体は、気温が高くなると汗をかいたりして体を冷やし、体温を一定に保とうとしますが、長時間暑い場所にいたり、発汗がうまく出来ない状態になると、うまく体温を下げられずに熱中症になってしまうのです。

長時間汗をかいていると、体の中から水分と塩分が減り続けるのが原因と言われています。

水分補給だけでなく、塩分の補給も熱中症の予防には大切なポイントですね。

 

熱中症の症状は?

 

熱中症の症状はその重症度によって3つに分類されます。

軽症をⅠ度、中症をⅡ度、重症をⅢ度と表します。

Ⅰ度の症状はめまい、失神、痙攣、こむら返り、大量の汗が出るなど、Ⅱ度の症状は頭痛、吐き気、体のだるさなど、Ⅲ度の症状は呼びかけても反応しないような意識障害、真っ直ぐ歩けないなどの運動障害、異常に汗が出るなどになります。

体温が40度以上になったらⅢ度にあたるので重症になります。

Ⅱ度やⅢ度の症状が出た場合は病院での治療が必要になります。

 

熱中症の応急処置はどうしたらいいの?

 

熱中症になってしまった時は次のように応急処置をします。

1.涼しい日陰やクーラーの効いた涼しい場所へ移動する。

2.着ている衣類を緩める。

3.体を氷や水で濡らしたタオルなどで冷やす。

4.水分を補給する。

この時、塩分も補給しましょう。

スポーツドリンクなどを少しずつ分けて補給します。

日差しの強い日に外出する時は、水分や塩分を補給出来るスポーツドリンクや、日陰を作れるパラソル、体調が悪くなった時に、すぐに横になれるレジャーシートなどを持ち歩きましょう。

 

熱中症対策

 

健康保険課の職員の方が、熱中症の対策について分りやすく説明してくださっています。

自分だけでなく、家族や周りの人が熱中症にかかった場合のためにも、
ぜひチェックしておきましょう。

 



 

まとめ

 

熱中症は屋外だけでなく、室内でもなる場合があります。

特に高齢者や小さいお子さんのいる家では、
上手にエアコンも使っていきましょう。

熱中症対策には水だけでなく、一緒に塩分も摂る必要があります。常備しておきたいですね。
熱中対策/夏バテ対策/熱中飴/効果抜群/梅塩飴/キャンディ/業務用/大袋/1kg/お得/送料無料/クエ…



 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ