熱中症って犬もかかるの?その原因は?どんな症状が出る?

スポンサード リンク

 

熱中症は私たち人間だけがかかる症状ではありません。

わんちゃんは人間のように言葉で訴えることがないので、症状が出ると心配になりますよね。

今回は犬の熱中症について、主な原因と症状をまとめました。

 

熱中症 犬もかかるの?

 

熱中症は人間だけでなく、犬もかかります。

犬の汗腺はおもに肉球しかなく、汗を出すことで体温調節する人間と違い、汗による体温調節があまりできません。

そのため、気温が上がると舌を出しハァハァと浅い速い呼吸をすることで体温を下げようとします。

体温調整のほとんどをその呼吸に頼らざるを得ないため、犬は人間よりも体温調節が難しいのです。

体温調節が出来なくなると、さまざまな臓器が機能不全となり熱中症になります。

高温多湿の環境下や、水を飲めない、排尿を我慢してしまう環境、また激しい運動で体内に熱がたまると熱中症にかかりやすくなります。

また、熱中症は日差しの強い日中にかかると思われがちですが、体温調節の難しい犬の場合、朝方や夕方でも蒸し暑く湿度の高い日は熱中症にかかることがあります。

 

犬の熱中症 その原因は?

 

主な原因は以下の通りです。

●蒸し暑い日の車内での留守番

犬の熱中症の原因で最も多いのが、車内での留守番です。

蒸し暑い日や日差しの強い日の、エアコンの入ってない車内は熱がこもりかなり高温になります。その車内に留守番させると、わずか数分でも熱中症にかかってしまうこともあります。

「少しの時間だから」とエアコンの替わりに窓を少し開けたとしても、換気が充分でない上、慣れない車内に犬が興奮すると体温があがるので注意が必要です。

●蒸し暑い日の閉め切った室内で過ごす

室内に留守番させる時も気をつけましょう。

特にゲージの中での留守番は犬が自分で涼しいところに移動できないので注意が必要です。

閉め切った室内、特に気密性の高いマンションなどは、日中の日差しで熱がこもりやすくなるため気温が上がります。カーテンを閉めておらず直射日光が入り込む場合はさらに上がるので注意しましょう。

また、エアコンを少し入れていても、ゲージが直射日光にあたるところは、エアコンの効きが悪くなり高温になるため熱中症にかかる場合があります。

●蒸し暑い日や炎天下の屋外、アスファルトの照り返し

高温で日差しが強い日や時間帯に、屋外で遊ばせたり、長時間屋外にいる場合も熱中症にかかりやすくなります。

また真夏のアスファルトの上は気温以上にかなりの高温になります。
近年特に日差しが強く、真夏には工事現場のコーン(赤い三角帽子)が溶けるほどの暑さになる場合もあります。

私たち人間と違い、地面に近い場所にいる犬には、アスファルトの照り返しの熱はかなり影響しますので、散歩をさせる時は注意しましょう。

 

犬が熱中症にかかった時の症状は?

 

主な症状ですが、急激な体温の上昇によりハァハァと苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出します。

その他、吐き気嘔吐、下痢、ふらつき、目の充血などが出ることもあります。

症状がさらに進行すると、ふるえ意識障害を起こしたり、実際に意識がなくなることもあります。

また全身のけいれんや、ひどい時には吐血下血(血便)、血尿といった出血症状が出たり、最悪の場合はショック状態を起こし命に関わることもありますので、早めの対策が必要です。

 

ワンコの熱中症を防ぐ お出かけ編

 

ドッグアドバイザーの方が、お出かけの際に気をつけるポイントを分りやすく解説してくださっています。

夏の散歩中や車内での気をつけるポイントなど、チェックしておきましょう。


まとめ

私たち人間が受ける以上に、夏の日差しは小さなワンちゃんに影響します。

熱中症についての知識を事前に知っておくこと、そしてわんちゃんのちょっとした変化を見逃さないことが大切ですね。

わんちゃんとのお出かけの時にさっと着けられるバンダナもあります。
少しでも快適な環境を作ってあげたいですね。
熱中症対策になるクール ネック(バンダナ)ひんやり/ひんやりグッズ/犬用品/ペットグッズ/犬/犬…


 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ