犬の熱中症 どんな犬がかかりやすい?散歩時の対策と応急処置は?

スポンサード リンク

 

熱中症は人間だけでなく、わんちゃんもかかります。

犬種や体型、体力によってもかわってくるので、今回はどんなわんちゃんが熱中症にかかりやすいのか、また熱中症の症状が出た場合の応急処置はどうしたらいいのか?についてまとめてみます。

 

犬の熱中症 どんな犬がかかりやすい?

 

熱中症の発症には個体差がありますが、主に以下のようなワンちゃんは熱中症にかかりやすいと言われています。

●短頭種●

比較的頭の短い犬のことで、代表的な犬種には、ブルドッグ、ボストン・テリア、パグ、シー・ズー、チン、ボクサー、キャバリアなどがいます。この種類は呼吸器が弱いので、夏の暑い日の炎天下にいると、呼吸がハーハーと速くなり、口から泡を吐きながら、失神してしまうことがあります。

●長い毛や黒い毛の犬●

毛が熱を吸収しやすいため、熱中症にかかりやすい傾向にあります。

そのため「熱中症予防」にと毛を短くするサマーカットを行う飼い主さんも多いようですが、長い毛がノミ、ダニ、紫外線などから皮膚を守ってくれる効果もありますし、皮膚が弱い犬は毛を短くカットすることで皮膚を傷めたり、紫外線で炎症を起こしたりする場合があるので注意が必要です。

●太った犬●

皮下脂肪が熱をこもらせるうえ、心臓に負担がかかりやすくなります。
そのうえ、首周りの脂肪が気管を圧迫するため、呼吸機能が低下し、呼吸による体温調節がしにくくなるため、熱中症にかかりやすくなります。

●高齢の犬、仔犬、病後の犬●

仔犬や高齢の犬は成犬に比べ体力が弱く、また体の機能が未発達であったり、衰えているため体温調節が上手く出来ないため熱中症にかかりやすくなります。

●寒い地方の国原産の犬●

ハスキーなど北国の犬種にとって、感じる温度は実際の気温のプラス10度くらいと言われています。気温30度であれば、それらの犬が感じる温度は40度くらいになるようですので、通常の犬以上に暑さに関しては注意が必要です。

 

犬の熱中症 まずするべき応急処置は?

 

わんちゃんの熱中症は、犬種や体型、体力、普段の食生活などによって変わってきますので、自分のわんちゃんに合った対策が必要です。

熱中症の症状が表れた時は、一刻も早く体を冷やし、意識がある場合はしっかりと水分補給をさせましょう!

涼しい場所に移動し、冷水で冷やしたタオルを頭やわきの下、内股の付け根に当てたり、冷水をかけてまず体を冷やします。

その時、水分補給も忘れずにしましょう。スポーツドリンクなどがあれば、それを水で2倍に薄め飲ませるのも効果的です。

体温は冷やし過ぎないように注意し、39℃まで下がったら冷やすのをやめ、病院に連れて行きましょう。

意識がない場合でも、体温を下げる処理は忘れずに行ってください。同時に一刻も早く動物病院に連絡を取り、獣医さんに見てもらいましょう。

*体温が下がって、症状が落ち着いていても、体内でダメージを受けている場合がありますので、勝手に判断せず動物病院で診断を受けるようにしましょう。

 

ワンコの熱中症対策 お散歩編

 

ドッグアドバイザーの方が、夏にわんちゃんを散歩させる時の注意点を解説してくださってます。

ちょっとしたことですが、知っておくとわんちゃんの熱中症を防ぐことが出来るのでチェックしておきましょう。


まとめ

お散歩時には水やタオルの他、冷却剤などもあると安心ですね。

わんちゃんが快適に夏を過ごせるようにいろいろな熱中症対策グッズが出ています。チェックしておくといいですね。
大理石ペットひんやりマット 夏の暑さを優しく冷やします節電効果抜群!熱中症対策にも!大理…



 

スポンサード リンク

» «

あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ